資源ごみの拠点回収(7月)について

日時

 7月13日(水曜日) 7時 ~10時 ※ 清掃センターのみ8時30分 ~ 10時の受付

場所

 本庁第2庁舎前、各支所前、清掃センター

回収品目

 「家庭系ごみ」のみの回収です。 「事業系ごみ」は回収できませんのでご注意ください。

新聞紙 広告・チラシ含みます。 ひもでくくってください。
雑誌 ひもでくくってください。
ダンボール ひもでくくってください。
紙類

紙リサイクルマーク.jpg

・紙リサイクルマークの表示のあるもののみです。

 (例)紙製の容器、紙箱、お菓子の箱、紙袋などでリサイクルマークのあるもの

・ひもでくくらなくてもいいです。紙袋などに入れて持参ください。

ビン(茶・透明・緑) 中をキレイに洗ってください。
蛍光灯

蛍光灯に限ります。電球等は回収できません。

割れないようご注意ください。

乾電池・ボタン電池  
水銀体温計・水銀血圧計 割れないようご注意ください。
廃食用油 植物油に限ります。天ぷらカスなどある場合は取り除いてください。ペットボトルなどに入れてご持参ください。

処分費

 無料(但し、拠点回収時のみ)、市指定袋に入れる必要はありません。

問い合わせ

 市民生活部市民衛生課(清掃センター)
 電話079-552-6253(市民衛生課ダイヤルイン)
 電話079-596-0844(清掃センター)

拠点回収場所の様子(写真は本庁 田園交響ホール横)

simin-gomi-kyoten14.jpg

ビン類

simin-gomi-kyoten22.jpg

紙類と廃食用油

simin-gomi-kyoten33.jpg

蛍光灯と乾電池

simin-gomi-kyoten43.jpg

のぼり旗が目印

 以前から、PTAや子ども会等の地域団体が実施される「資源ごみ集団回収(廃品回収)」で、資源ごみの回収・再資源化がはかられていますが、地域によっては年1~2回の頻度であり、保管に困られた方の中には「燃えるごみ」に混入されて排出されています。
 現在、ビン類は「カン・ビン」の混合収集を実施していますが、パッカー車による収集のため、缶がクッションになるとはいえ破損していることもあり、100%再資源化できていません。
 また、蛍光灯は、「埋立てごみ」として収集していますが、分別収集すれば資源として生まれ変わります。
 ごみ減量化・再資源化をはかるため、市民の皆さん一人ひとりのご協力を宜しくお願いします。
 また、従来どおりPTA・子ども会等の地域団体が実施される資源ごみ集団回収にはご協力ください(市が行うのは、集団回収に依りがたい場合の補完的な収集です)。
びん類、蛍光灯、乾電池を拠点回収で排出が困難な場合、通常の行政収集(「埋め立てごみ」「カン・ビン」)で排出いただいても結構です。可能な限りリサイクル化にご協力ください。

・この情報は役に立ちましたか?
   

 

 

【主な業務】


衛生係…ゴミの収集・運搬、市営墓地、狂犬病の予防、防疫、公害防止計画など

        衛生係の様式はこちら

清掃センター…センターの管理運営、清掃センター運営協議会、施設改築計画、可燃物及び不燃物の処理など

市営斎場…市営斎場の管理運営など

このページの先頭へ戻る