犬やネコの飼い方について(フン害は禁止されています)

犬やネコの飼い方について

大切なペットは、一緒に遊んだり、時には癒してくれる大切な存在です。

しかし、マナーを守らない飼い主のために、周りに迷惑をかける存在になる場合があるのも事実です。

ペットは、あなたの愛情なしでは生きていけません。飼っている人も、これから飼おうとしている人も、周りの方のことも思いやり、住みよい環境を目指しましょう。

 

犬のフン害やおしっこについての苦情がよせられます。

 「篠山市ポイ捨て等防止条例」では、清潔なまちづくりを推進するため、フン害に関する禁止規定が設けられています。

犬のフン尿は飼い主の責任です。

飼い主は、フンを処理するための用具を携行するなどし、飼い犬が公共の場所でフンをしたときは直ちに回収しましょう。

 

■犬について

 (1)犬は必ずつないで飼いましょう。犬をつながないで散歩をさせるのは、県の「動物の愛護及び管理に関する条例」で禁止されています。

 (2)散歩中のふんは必ず持ち帰る。(ポイ捨て等防止条例)

 (3)犬の登録と年に一度の狂犬病予防注射は義務可されています。(狂犬病予防法)

 (4)無駄ほえをやめさせる。必要以上にほえる犬はまわりの迷惑になります。子犬の時からしつけましょう。

■ネコについて

 (1)飼いネコには、首輪と迷子札(名札)をつけましょう。

 (2)避妊・去勢手術をしましょう。

 (3)自分で責任をもてないネコ(野良猫)に餌を与えない。ご近所の方に迷惑がかかります。

 

 動物に関する相談等は、兵庫県動物愛護センター(Tel 06-6432-4599)でも行っています。

・この情報は役に立ちましたか?
   

 

 

【主な業務】


衛生係…ゴミの収集・運搬、市営墓地、狂犬病の予防、防疫、公害防止計画など

        衛生係の様式はこちら

清掃センター…センターの管理運営、清掃センター運営協議会、施設改築計画、可燃物及び不燃物の処理など

市営斎場…市営斎場の管理運営など

このページの先頭へ戻る