第14回人権フェスタinささやま開催について

 平成28年12月3日土曜日、篠山市立四季の森生涯学習センターで「人権フェスタinささやま」を開催しました。NPO法人さいたまユースサポートの代表、青砥恭さんに「格差社会と子どもの貧困」と題した講演をしていただきました。概略は次のとおりです。

 日本の子どもの貧困率(※)は16.3パーセント、6人に1人の子どもが貧困家庭に育っていると言われており、現在の格差社会における子どもたちの厳しい状況を表しています。このような状況下で、お互いに教え支え合う仲間づくりや他者との温かい交流の経験を持てず、学習能力や意欲の低下などから、学校や地域での居場所を失い、行き場のない子どもたちがいます。また、これらの状況が就労を困難にし、さらなる貧困を招く要因となることが課題となっています。さいたまユースサポートネットの居場所・地域づくりでは、(1)たまり場(居場所「交流と学び直し」ボランティア)(2)生活困窮者世帯の学習(学び直し)支援(3)地域若者サポートステーション(就労支援)(4)さいたま市若者自立支援ルームを実施されています。社会で何が起こっているのか関心を持ち、今自分に何ができるのか考え、まずできることから始めましょう。

 ※貧困率とは、世帯収入から国民一人一人の所得を試算して順番に並べたとき、真ん中の人の所得の半分(貧困線)に届かない人の割合。子どもの貧困率は、18歳未満でこの貧困線を下回る人の割合を指します。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第14回人権フェスタinささやま 第18回篠山市人権・同和教育研究大会の開催について

日時  

◇作品展示 11月29日火曜日から12月4日日曜日まで  

          火曜日から金曜日までは9時から19時まで

          土曜日・日曜日は10時から17時まで

◇イベント 12月3日土曜日 11時から17時

場所 

 四季の森生涯学習センター 東館・西館 (篠山市網掛429番地) 

内容

詳しくは、チラシ(PDF:2.8MB)をご覧ください。

◇作品展示 

・市内小・中・特別支援学校「感謝の気持ちを届けよう~あなたに贈る『ありがとう』展~」

・体験型人権学習活動支援事業「学級の取組内容作品展」

・あいさつ運動ポスター展及び写真展

・ふれあい館って何するところ?

・災害支援活動市民ボランティア活動写真展

介護と福祉の作品展

◇イベント

・ウエルカム演奏(篠山産業高等学校吹奏楽部)

・人権作文受賞者表彰、最優秀作文の朗読発表

・基調講演 (*託児、手話通訳、ノートテイク あります)

 演題 格差社会と子どもの貧困

 講師 青砥恭さん(NPO法人さいたまユースサポートネット代表)  

・第三者による住民票等の取得に関する本人通知制度」の事前登録申出書預かりコーナー開設(※免許書等の本人確認書をご持参ください。)

問合せ先

 篠山市北新町41 篠山市役所第2庁舎1階

 市民生活部 人権推進課 

 TEL:079-552-6926

 FAX:079-554-2332

 Eメール:jinken_div★city.sasayama.hyogo.jp

( アドレスをコピーして使用される場合は、 ★を半角の@に置き換えてください)  

・この情報は役に立ちましたか?
   


 

fifty.gif

 

このページの先頭へ戻る