平成27年国勢調査のお知らせ

2015国勢調査画像
 

国勢調査へのご協力をお願いします!

国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査です。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法という法律に基づいて、5年に一度実施されます。国勢調査の結果は福祉施策や生活環境整備、災害対策など、日本の未来をつくるために欠かせない様々な施策の計画策定などに利用されます。
 

調査の期日

平成27年10月1日 午前0時現在
 

調査の対象

調査期日において、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含みます)及び世帯
 

オンライン回答の導入

今回の調査から、オンライン調査が導入されます。
オンライン調査は、パソコンやスマートフォン・タブレット端末から回答が可能で、これまでのような調査票の記入や調査員への提出が不要となりますので、ぜひご活用ください。
注意)オンラインで回答できる期間は9月10日から20日の間です。
 
 

調査の方法

調査の流れは下記のとおりです。

(1)9月中旬
 調査員が各世帯を訪問し、オンライン回答に必要なID、パスワード等の調査書類を配布
(2)9月下旬
 オンライン回答がなかった世帯を調査員が再度訪問し、紙の調査票を配付
(3)10月上旬
 (2)で配布した紙の調査票を返信用封筒で郵送または調査員が回収
 
調査の流れ概略図
 

調査結果の公表

今回の調査では、すべての結果を公表するまでの期間が従来より10 か月短縮され、より迅速に結果を確認できるようになります。
 
 

個人情報の保護

調査員をはじめとする国勢調査に従事する者には、統計法によって、調査で知り得た個人情報を保護するための厳格な守秘義務が課せられています。
また、回答いただいた内容は、統計の作成以外に使用することはありません。
 
ご提出いただいた調査票は、外部に漏れないように厳重に管理し、集計が完了した後には完全に溶かし、再生紙として生まれ変わります。
また、オンライン回答においても、通信は暗号化され、不正なアクセスなどの監視が24時間行われます。
 
国勢調査の重要性や趣旨をご理解いただき、調査へのご協力をお願いします。
 
かたり調査にご注意ください
最近、国勢調査などの統計調査を装って世帯情報などを聞き出そうとする、いわゆる「かたり調査」が全国で発生しています。国勢調査の調査員は、総務省統計局長が発行した「調査員証」を必ず携行していますので、ご不審の際は「調査員証」をご確認ください。
 

国勢調査2015キャンペーンサイト
(インターネット回答はこちらから)

2015国勢調査キャンペーンサイト画像(総務省統計局の特設サイトに移動します)
・この情報は役に立ちましたか?
   


このページの先頭へ戻る