第15回篠山市菊花展

1.会期

平成28年11月1日(火曜日)~11月13日(日曜日) 13日間

午前9時~午後4時まで

2.開催場所

篠山市大手前南駐車場 特設会場(大手前展示館前)

3.篠山市菊花展について

 篠山地方における菊づくりの伝統は古く、250年余りの歴史があります。旧篠山藩主青山忠良公が大阪城で在職中、江戸幕府から拝領したと伝えられる純日本種の中菊は、今もなお「旧藩公愛撫の花(お苗菊)」として、篠山地方の人々に愛育されています。菊花展は由緒あるお苗菊を、世間へ広く伝え、また後世に受けつぐために、古くから開催されており、篠山地区においては大正14年に「第1回篠山菊花展」の開催以来、このお苗菊を中心とした菊花展を毎年催し、平成13年に66回を数えました。また丹南地区においても26回続いてきた丹南菊花展がありましたが、篠山菊花展と合同で、平成14年に第1回篠山市菊花展として全市にその範囲を広げ開催することとなりました。
 当展示会では、お苗菊を中心に丹精込めて育てられた約400鉢もの美しい菊花が会場を彩ります。

kikkatenn.JPG

 

篠山市の観光情報(篠山市観光情報サイト)

RSS

  • 読み込み中

このページの先頭へ戻る