歯のはなしVol.103 手術の前には、お口をきれいにしよう

 病院などで入院を伴う手術が必要な方、特にガン患者にとって、お口のケアは非常に重要です。
 手術前後においてお口の中が清潔でないと、お口の中の雑菌が肺に入り込んで誤嚥性肺炎を引き起こします。また、体の中の雑菌が多いと使用しなければならないお薬も増えがちであり、結果として入院が長引いたりもします。また、お口の中が汚れていると、食事の際に痛み、栄養も取りにくくなってしまいます。
 入院前後のお口のケアは、まずはお口の中の清掃から始まり、治せる虫歯や歯周病を治療します。そうすることによって、お口の中の細菌数を減らしていきます。
 可能であれば、食事指導も行います。お口から十分な栄養を摂取することは健康に非常に重要です。おいしい食事をとることができたら、生きる活力にもなり、病気とも戦えるようになっていくでしょう。
 お口を清潔にすることは、多くの研究で手術後の予後が良いといわれています。手術後の健全な生活を行っていただくために、歯科医は日々努力していきますので、よろしくお願いいたします。
 
・この情報は役に立ちましたか?
   

このページの先頭へ戻る