B型肝炎ワクチンの定期接種について

 平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種になります。
 B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。
 免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。※予防接種を受けても、お子さんの体質や体調によって免疫ができないことがあります。
 また、市の実施する対象者は下記のとおりです。※対象になられる方には、個別通知を送付しております。

1、対象者   平成28年4月1日以降に出生した、生後1歳に至るまでの間にある者
        ※HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)の全部又は一部を受けた者については、定期の予防接種の対象ではありません。

2、接種回数  3回
       生後2カ月から1歳に至るまでの間に27日以上の間隔をおいて2回皮下注射した後、1回目の注射から139日以上の間隔をおいて1回皮下に注射。

3、接種期間  平成28年10月1日から

4、篠山市行政措置 
 (1)接種費用助成
 平成28年4月1日~平成28年7月31日に出生されたお子さまが、平成28年10月1日の定期接種化までに、自費にてB型肝炎予防接種を受けた場合、償還払い(一部助成)を行います。なお、この償還払い(一部助成)は、予防接種日に篠山市に在住するお子さまで、平成28年12月22日(木曜日)までの申請に限ります。 該当される場合は、下記の物をご用意の上、健康課までお越しください。

 償還払い(一部助成)申請に必要な物
 ・償還払い申請書兼請求書(健康課でお渡しします) ・印鑑 ・領収書 ・予防接種を受けた証明(母子健康手帳の写し等) ・振込先口座がわかるもの

 (2)接種期間の延長について
 平成28年4月1日から平成28年5月31日に出生されたお子さまで、予防接種日に篠山市に在住するお子さまが、平成28年10月1日以降にB型肝炎予防接種の1回目を接種した場合、接種期間が短くなることから、接種期間の延長を行います。なお、この接種期間の延長は、平成29年5月31日(水曜日)までに限ります。
 この期間を過ぎると自費接種(全額自己負担)となります。

5、その他
【ワクチンの効果と副反応について】
 組換えDNA技術を応用して産生されたB型肝炎ワクチンです。基礎免疫をつけるには一定の間隔で3回の接種が必要です。副反応は、注射部位の疼痛、腫脹(はれ)、硬結(しこり)、発赤、そう痒感、熱感などがあります。その他、発熱、発疹、湿しん、そう痒、じんましん、関節痛、筋肉痛、関節炎、肩こり、背部痛、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等、嘔気、下痢、食欲不振、嘔吐、腹痛、頭痛、眠気、めまい、痙攣、しびれ感、倦怠感、違和感、悪寒、血小板減少症があらわれることがあります。
 また、ショック、アナフィラキシー(じんましん、呼吸困難、口唇浮腫、喉頭浮腫等)、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群が起こる可能性があります。このような症状が認められたり、疑われた場合は、すぐに医師に申し出てください。なお、健康被害(入院が必要な程度の疾病や障害など)が生じた場合については、健康被害を受けた人又は家族が独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づいて救済手続き行うことになります。

このページの先頭へ戻る