篠山市歴史文化基本構想~歴史・文化を活かしたまちづくり~

 篠山市教育委員会(以下「教育委員会」といいます。)では、市内に所在する文化財の総合的な調査を行い、それらの一体的な保存及び活用を図ると共に、歴史文化を活かしたまちづくりを推進するため、平成20年12月9日に篠山市歴史文化基本構想等策定委員会を設置し、調査検討を進め、平成23年1月13日に同策定委員会から教育委員会へ「篠山市歴史文化基本構想(案)」が報告されました。
 その後、教育委員会において報告を尊重しながら協議を重ね、同年1月31日~3月1日の間に実施いたしましたパブリック・コメントを経て、同年3月9日に「篠山市歴史文化基本構想」を策定しました。


篠山市歴史文化基本構想(一括 PDF:16.0MB)
  ・表紙、はじめに、目次(PDF:1.3MB)
  ・第1章 策定の背景及び目的(PDF:1.2MB)
  ・第2章 市域の概要(PDF:3.0MB)
  ・第3章 篠山市の歴史文化(PDF:12.9MB)
  ・第4章 歴史文化基本構想の考え方(PDF:1.2MB)
  ・第5章 歴史文化を活かしたまちづくりの進め方(PDF:2.2MB)
  ・第6章 歴史文化保存活用計画(PDF:1.7MB)
  ・コラム、おわりに(PDF:5.3MB)


篠山市歴史文化基本構想概要版パンフレットPDF:10.1MB)


■文化財(歴史文化まちづくり資産)調査の成果(一部)
  ・調査の概要(PDF:14.1MB)
  ・有形文化財(石造物等)一覧(PDF:1.7MB)
  ・無形文化財一覧(PDF:1.6MB)
  ・民俗文化財一覧(PDF:2.0MB)
  ・記念物一覧(PDF:2.0MB)
  ・伝統的建造物群一覧(PDF:1.6MB)
  ・文化的景観一覧(PDF:1.7MB)
  
基本構想及び資料編の報告書は、篠山市立中央図書館及び教育委員会社会教育・文化財課で閲覧できます。

  
篠山市歴史文化基本構想表紙 
 
 パンフレット表紙
 
篠山市歴史文化基本構想(資料編)表紙 
 


歴史文化まちづくり資産集落カルテとは
 
 本構想策定に伴う文化財調査により把握した歴史文化まちづくり資産を集落ごとに「カルテ」として整理しました。 人口や面積、土地利用、歴史的背景、産業、災害履歴などの関連する基礎情報とともにまとめています。
 地域などで歴史や文化を活かしたまちづくりを進める際の基礎データとして「カルテ」をご活用いただければ幸いです。「カルテ」のデータ等が必要な場合は、教育委員会社会教育・文化財課までご相談下さい。 
 カルテ

 
篠山市歴史文化基本構想策定までの取組み(平成20~22年度)

 


 写真1 写真2  写真3

 1
「篠山市歴史文化基本構想(案)」のパブリックコメントと回答について、お知らせします。(クリックしてください)
 
 2
 教育委員会では、市内に所在する文化財の総合的な調査を行い、それらの一体的な保存及び活用を図ると共に、歴史文化を活かしたまちづくりを推進するため、平成20年12月9日に篠山市歴史文化基本構想等策定委員会を設置し、平成23年1月13日に同策定委員会から教育委員会へ「篠山市歴史文化基本構想(案)」が報告されました。
 その後、教育委員会にて報告を尊重しながら、「篠山市歴史文化基本構想(案)」を作成しましたので、篠山市パブリックコメント手続条例の規定に基づき、意見を募集しました。
 
 詳しくはこちらをクリックしてください。

 篠山市広報「丹波篠山」2011年3月号に構想(案)の特集記事を掲載(PDF)
 

 平成22年10月21日(木)から10月31日(日)の期間、市内6カ所で「篠山市景観計画および篠山市歴史文化基本構想策定説明会開催」を開催しました。

 詳しくはこちらをクリックしてください。
 説明会資料(PDF)
 説明会
 4
 平成22年3月14日(日)午後1時30分から篠山市民センターでシンポジウム「これから100年のまちづくりを考える~歴史と文化を活かすまちづくり、いま見えてきたこと~」を開催しました。
 平成21年に実施した「丹波篠山築城400年祭」において取り組まれた市民主催事業や、「丹波篠山これから100年のまちづくり委員会」での取り組み、現在策定中の「篠山市歴史文化基本構想」について報告を行い、それらの報告をもとにして、歴史文化を活かした市民の手による新しい「これから100年のまちづくり」を市民のみなさまとともに考えました。

 ■シンポジウム開催のお知らせ(チラシ:PDF)
シンポジウム
 5
 篠山市歴史文化基本構想の策定にむけて、篠山市内全域で文化財(地域に残る歴史的・文化的な資産で、法律や条例などの指定・未指定を問いません)の把握調査を平成20~22年度に実施しました。
 市内の文化財を数多く掘り起こし、把握するため、文献調査や現地調査、市民の皆様から古くから残る建物や寺社仏閣、道標などの石造物、立派な樹木、伝統的な祭り、年中行事、伝説などの文化財の情報や、将来に受け継いでいきたいと思われる文化財の情報もお寄せいただき、およそ5,000件の文化財を把握しました。

 ■篠山市広報お知らせ(平成21年12月号:PDF)
 

  平成21年8~9月に自治会・ふるさと応援団・市民・市外の皆様に実施いたしました「篠山市の歴史的・文化的な資産に関する調査」について、お忙しい中、多くの皆様からご回答を賜りましたことに厚く御礼申し上げます。
 調査結果を分析し、篠山市歴史文化基本構想の策定に反映させてまいります。
 
 7
  平成21年度から、市内で原風景を構成する「城下町」・「街道集落」・「農村集落」でそれぞれ神戸大学・立命館大学・園田学園女子大学の協力を得ながら、建造物・民俗文化・景観・文化財防災などの調査を実施しました。
 調査の実施にあたりまして、市民の皆様にご理解・ご協力をいただきましたことに厚く御礼申し上げます。
 
民俗文化調査  景観調査    建造物調査
 8
 平成20年度から市の委託を受けた調査員が歴史的な建物や街道、樹木などの文化財把握調査を市内各所で行いました。
 ■篠山市広報お知らせ(平成20年11月号:PDF)
 
 写真4  写真6  写真5

 篠山市歴史文化基本構想等策定委員会

 篠山市内に所在する文化財を総合的にとらえ、積極的な保存及び活用を図り、歴史及び文化を活かしたまちづくりの在り方を篠山市歴史文化基本構想として策定するために、平成20年12月に市民・学識経験者・行政関係者で構成される篠山市歴史文化基本構想等策定委員会を設置し、平成20~22年度の間に10回の委員会を開催し、歴史文化基本構想の策定に関することなどについて調査・検討しました。
 平成23年1月13日に同策定委員会から教育委員会へ「篠山市歴史文化基本構想(案)」が報告されました。

 

委員会 委員会  委員会

篠山市歴史文化基本構想等策定委員会設置要綱(PDF)
平成20年度第1回委員会議事録(通算第1回)(平成20年12月9日開催:PDF)
平成20年度第2回委員会議事録(通算第2回)(平成21年1月27日開催:PDF)
平成20年度第3回委員会議事録(通算第3回)(平成21年3月23日開催:PDF)
平成21年度第1回委員会議事録(通算第4回)(平成21年8月5日開催:PDF)
平成21年度第2回委員会議事録(通算第5回)(平成22年3月10日開催:PDF)
平成22年度第1回委員会議事録(通算第6回)(平成22年6月30日開催:PDF)
平成22年度第2回委員会議事録(通算第7回)(平成22年10月20日開催:PDF)
平成22年度第3回委員会議事録(通算第8回)(平成22年12月8日開催:PDF)
平成22年度第4回委員会議事録(通算第9回)(平成23年1月13日開催:PDF)
平成22年度第5回委員会議事録(通算第10回)(平成23年3月18日開催:PDF)

 

 写真7  写真8  写真9



 

 歴史文化基本構想とは

 歴史文化基本構想は、平成19年10月30日に出された「文化審議会文化財分科会企画調査会報告書」での提言に基づき、各市町村が策定する「地域の文化財をその周辺環境も含め総合的に保存・活用していくための基本構想」のことです。

 詳しくは、文化庁ホームページ「歴史文化基本構想について」、文化庁作成「歴史文化基本構想のパンフレット」(PDF)をご覧下さい。
 

歴史文化基本構想イメージ(文化庁パンフレット引用)

・この情報は役に立ちましたか?
   

 


リンク集(外部サイト)


 

篠山城大書院 篠山歴史美術館 青山歴史村 

 

安間家史料館 

 

このページの先頭へ戻る