国選択無形民俗文化財 波々伯部神社のおやま行事

(1)名称
  波々伯部神社(ほほかべじんじゃ)のおやま行事

(2)文化財の種別
  記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財(国選択)

(3)選択年月日
  平成17年2月21日

(4)文化財の所在地 
  兵庫県篠山市波々伯部

(5)保護団体

 波々伯部神社氏子

(6)公開期日
  毎年8月第1土・日曜日

(7)文化財の概要
 1.文化財の特色
 波々伯部神社の例祭に奉納される行事で、毎年奉納されるダンジリヤマと3年目ごとに奉納されるキウリヤマの2種類のやま行事と、キウリヤマの上で公開されるデコノボウという素朴な人形戯(人形を操る芸能)に特色が見られる。

 2.文化財の説明
 兵庫県篠山市の波々伯部神社の例祭である祇園祭には、毎年、氏子の8つの集落から8基のダンジリヤマを奉納するやま行事が行われる。
 また、この祇園祭の3年目ごとにはダンジリヤマの外にキウリヤマが作られ、その上でデコノボウという素朴な人形戯が公開される。このデコノボウは六体ずつを一組としておりオオエヨウ(大会謡)と呼ばれる謡曲に合わせて、一本の柄を握って操られるなど中世的な人形戯の姿をよく留めている。
 ダンジリヤマは行政総代と呼ばれる集落の責任者の指揮のもと、奉納するものであるが、キウリヤマとデコノボウについてはこれとは別に、社役人、宮年寄と呼ばれる特定の家で構成される集団が奉納するものである。社役人はキウリヤマの組み立てを担当し、宮年寄はキウリヤマの幕とデコノボウの操作を担当する。
 以上のように、この行事は2つの異なった形態を持つ祭祀組織によって奉納される2種類のやま行事と、中世的な人形戯の姿をうかがわせる人形戯の形態が伝承されており、我が国の人形戯ややま行事の変遷を考える上で重要である。

 3.行事の概要
 波々伯部神社の創建については、不明な部分が多いが、波々伯部神社の氏子8ヶ村が、中世には波々伯部保という京都祇園社の社領であったことから、荘園鎮守の神として勧請されたものと言われる。
 近世には、祇園社とよばれ6月14日を祭日としていたが、現在では、8月第1・日曜日の両日を祭日としている。波々伯部神社の祭礼は、氏子のほかに社役人と宮年寄とよばれる世襲の家を中心に行われている。
 8月第1土曜日(宵宮祭)は、午前中に宮年寄がおやまに幕をかける幕掛けから始まり、夜には各集落のダンジリヤマが宮入りして、境内を練る。
 8月第1日曜日(例祭)は、午後に例祭の神事があり、各集落のダンジリヤマが宮入して境内を練りまわる。社役人・宮年寄は柿色の裃姿で参加する。御旅所(オトシモリ)巡行に先立って、宮年寄によりオオエヨウ(大会謡)が奉納され、その後、猿田彦を先頭にダンジリヤマを従えて御旅所への神幸行列が行われる。
 お旅から神社へ戻ったあと、宮年寄に連れられたオドリコが境内の石橋の辺りで太鼓を打ってキウリヤマ(おやま)を迎える。キウリヤマは、オドリコの太鼓の合図で境内に引き入れられる。
 拝殿前の東西に並べられた二基のキウリヤマの舞台には、宮年寄によって幕が張られ、行李に演題を書いた張り出しがあげられる。こうして、舞台が整うと、宮年寄りがキウリヤマに入って人形を操る。

 

キウリヤマ キウリヤマ
  材料が角柱、藤蔓、笹の付いた真竹などで、1辺2.7m、高さ6.8mほどの円錐形の曳山
デコノボウ デコノボウ
  12ある。長さ約10~21cmの面長の顔に、一本棒の柄を付けた全長約60~80cmのもので、長さ約20~40cmの腕木を付けている。首は腕機に孔を刳り抜いて通したものと腕木にくくりつけたものの二種類があり、手は別木で造り、腕木にひもで吊したり、下着の袖端に張り付けたものがある単純素朴な造りの人形で、文楽の祖型として中世人形の流れをくむ。兵庫県指定有形民俗文化財(昭和38年8月24日指定)


篠山市広報(選択書伝達式)(PDF:970KB)

インターネットTV(2012年 篠山市立歴史美術館「丹波の祇園さん 波々伯部神社の祭礼と社宝」特別展・講演会の映像)  

インターネットTV(2004年8月7~8日の祭礼の映像)

インターネットTV(2001年8月5日の祭礼の映像)

インターネットTV(1953~1959年頃の波々伯部神社の祭礼の映像)

ダンジリヤマ キウリヤマ
キウリヤマ キウリヤマ
キウリヤマ
 
デコノボウ
 
 
・この情報は役に立ちましたか?
   

 


リンク集(外部サイト)


 

篠山城大書院 篠山歴史美術館 青山歴史村 

 

安間家史料館 

 

このページの先頭へ戻る