通知カード・個人番号カード

通知カード

平成27年10月以降、住民票を有する一人ひとり(外国人の方も含まれます。)に12桁のマイナンバーが記載された「通知カード」が送付されます。
通知カードは、氏名・住所・性別・生年月日にマイナンバーが記載された名刺ほどの紙のカードです。
平成28年1月以降、各種手続きに使うカードになりますので、廃棄したり紛失したりしないように注意してください。
通知カードは、住民登録されている住所あてに世帯ごとに転送不可の簡易書留で送られます。確実に通知カードを受け取るため、現在お住まいの住所と住民票の住所が異なる方は、異動手続きをお願いします。
DV等の理由により住民票に登録されている住所で通知カードを受け取ることができない方は居所に送付することが可能です。
居所情報登録申請について

 

不在などにより受け取られなかった通知カードは市役所で約3カ月間保管します。該当の方へその旨連絡しますので受取りにお越しください。
通知カードが届いたら大切に保管してください。紛失などによる再交付には手数料500円が必要です。
戸籍届出による氏名変更や引っ越しに伴う住所変更の際は、必ず通知カードも忘れずにお持ちください。

 

 

個人番号カード

平成28年1月以降、申請により「個人番号カード(顔写真やICチップが登載されたプラスチック製のカード)」を交付します。交付手数料は無料です。
カードには氏名・住所・性別・生年月日・有効期間、マイナンバー等が記載され、電子証明書(e-Tax等で利用)も標準搭載されます。個人番号カードの申請については通知カードに同封される「申請書」及び「ご案内」をご覧ください。

申請後、交付準備ができたことを知らせる交付通知書が届きます。受取りは市役所本庁のみとなっており、次の書類をお持ちください。
 ・届いた交付通知書
 ・通知カード
 ・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど) 
 ・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

 

※最新のマイナンバー情報は、内閣官房ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 info_cs.jpg    つ

 

住民基本台帳カードをお持ちの方は

個人番号カードの交付開始により住民基本台帳カードの新規交付は平成27年12月をもって終了します。即日交付はできませんので、ご希望の方は平成27年12月11日(金)までに申請してください。
平成27年12月末までに交付された住民基本台帳カードは有効期限までは有効ですが、個人番号カードを取得された場合は返納いただきます。
また、住民基本台帳カードに格納された電子証明書も個人番号カードを交付されない限り有効期限まで有効です。
住民基本台帳カードへの電子証明書の新規・更新発行は平成27年12月22日(火曜日)(予定)をもって終了します。
※個人番号カードは申請から交付までかなりの日数を要することが予想され、平成28年の確定申告時期に間に合わない可能性があります。
平成27年12月22日(火曜日)までに電子証明書の更新手続きをされる事もご検討ください。(発行手数料500円)

 

 
・この情報は役に立ちましたか?
   

このページの先頭へ戻る