家の中で漏水してしまった場合

 水道メーターから内側での漏水は、ご使用者の管理区分となりますので市役所では修繕ができません。また、漏水分の上下水道料金もお支払いいただくことになりますので、早急に指定工事店へ修理を依頼してください。
 また漏水中は、外出時など水を全く使用しない時間帯に水道メーター横の止水栓を閉めておくことをオススメします。

 漏水の修繕後は市の基準により算定された金額を、既に納めていただいた水道料金から返金する制度(上下水道料金の軽減制度)がありますので、修繕を依頼される場合は事前に指定工事店へ申請書の作成を依頼しておいてください。

  • 減免制度適用条件

1.善良な管理を行っていること

2.地下、床下、壁内、保温材等により発見が困難な場所からの漏水であること

3.漏水発見と同時に速やかな止水対策を講じていること

4.過去1年以内に同じ箇所からの漏水による軽減を受けていないこと

  • 次の場合は適用外

1.給水栓、給湯器及び水洗便所等の給水用具並びに受水槽の破損、損傷、不具合による漏水

2.市指定給水装置工事事業者以外の者が減免申請に係る漏水修繕工事を行った場合

3.漏水等の原因が使用者の故意又は管理義務の責に帰する場合

※減免制度は、全ての漏水に対して適用されるとは限りません。漏水箇所によっては制度をご使用いただけない場合があります。
※減免制度で返金の対象となるのは長期の漏水であっても検針1回分のみです。
※指定工事店以外での修理の場合は受け付けられません。

指定工事店についてはこちらをご覧ください。

 

様式<PDF>

添付書類:工事前・工事中・工事後の写真

 

お問い合わせ

上下水道部料金コーナー 電話(079)552-1701

 

このページの先頭へ戻る