篠山市長ブログ

「ごみゼロ市役所」スタート(市長日記)

 市政方針に取り上げています「ごみゼロ市役所」の取組みを1月4日から始めました。

 市役所のそれぞれの課の燃えるゴミ袋には資源にできる紙や容器包装のプラなどが入っています。
 「このままではいけない。」新年から全庁でゴミの減量、資源化に取り組みます。
 紙は古紙類として資源化、コンビニ弁当の容器は水洗い、ソース、マヨネーズの袋も水洗いして資源化します。ペットボトルのボトルは緑の袋、キャップとラベルはピンクの袋へと分けます。
 これまで市役所全体で燃えるゴミ袋の使用枚数は、2万枚を越えていますが、これを平成29年度には1万枚に、平成30年度には4千枚に減らすのを目標としています。

 庁舎の各フロアーにはごみ分別コーナーを設けて分別しやすいようにしました。
そして、この取り組みを市民全体に広げて行きたいと思います。

IMG_5458.JPG

このページの先頭へ戻る