3歳児14人が丹波焼に挑戦(ささやま写真新聞)

今田保育園の3歳児14人が「陶の郷」へ丹波立杭焼きの陶芸体験にいきました。講師の清水さんに教えてもらいながら、土粘土を手に取りとんとんたたいてお皿をつくりました。

お皿にはさらに好きな絵を描き、それぞれ個性的な作品が並んでいます。出来上がった作品は生活発表会のときに展示します。

「陶の郷」の次長さんの案内で、登り窯の中にはいらせてもらったり、陶の郷を見学したりしました。展示してあるつぼや大きなお皿をみて「すごいなぁ!」と感動していました。

地元にある伝統的な焼き物に触れることができ、大変貴重な経験・発見をした1日でした。

P1120187.JPG

▲とんとんたたいて粘土を広げ、お皿の形をつくります「むずかしいなぁ~」

P1120190.JPG

P1120200.JPG

▲お皿に好きな絵をそれぞれ描きました

P1120219.JPG

▲登り窯のなかへレッツゴー

201701111022.jpg

▲展示してある陶芸作品を見学

このページの先頭へ戻る