森づくり連携ネットワーク会議設立(ささやま写真新聞)

篠山市では、ふるさとの森づくり構想及びその基本理念である「温故知森(おんこちしん)」を実現するため、市内を中心に森づくりに関係する事業を行う団体や個人からなる「篠山市ふるさとの森づくり連携ネットワーク会議」を立ち上げました。

このネットワーク会議は、森づくりのために、森林を所有する者(個人、生産森林組合、慣行共有林管理団体等)、市民(森林所有の有無にかかわらず)、森林組合、森林事業者(素材製材業者、製材業者、建築業者、NPO、公社等)、林業・森林動植物の専門家、行政などが、それぞれの責務と役割を十分に理解し、立場と状況に応じて互いに連携を深め、意識を高めあう場であって、それぞれの知識や能力、労力などを提供しあうことでできる森づくりや森を利用した事業に取り組みます。

P1070873.JPG

・この情報は役に立ちましたか?
   

このページの先頭へ戻る