篠山市消防の2人 熊本地震へ派遣(ささやま写真新聞)

兵庫県の緊急消防援助隊の2次派遣として、篠山市消防本部の圓谷繁幸消防司令補と八野竜行消防士長を派遣しました。

2人は阪神大震災や東日本大震災での捜索活動への派遣経験があり「できる限りのことをしたい。他の職員の思いも背負って任務にあたる」と決意を述べ、18日に出発しました。

2次派遣隊には県内の消防から179人が参加し、23日まで任務に当たります。

CIMG1538.JPG

CIMG1534.JPG

▲前列中央が圓谷消防司令補、その後ろが八野消防士長

このページの先頭へ戻る