ツキノワグマの出没に関する注意情報

 今年度、ツキノワグマの目撃・痕跡情報が、6月末時点で例年を上回るペースで県や市町に寄せられています。

 これまで生息が確認されていなかった隣接の大阪府能勢町でもクマの誤捕獲が発生しているほか、三田市や猪名川町でも目撃されています。


 梅雨が明け、夏のレジャーシーズンが本格化するにあたり、クマの住む森への入る機会が増えることが見込まれます。人とクマとの不幸な出会いを防ぐため、森に入る際は、クマに自分の存在を知らせるための鈴などを携行するなど、クマと出会いにくい状況になるよう努めてください。

 また、集落においても、屋外に残飯などを放置せず、また、柿などの果実もしっかり収穫するなど、クマの寄り付きにくい環境整備に努めてください。

 

注意喚起チラシH26夏.doc(ワード:248KB)

ツキノワグマの保護管理計画やパンフレットは、兵庫県森林動物研究センターのホームページ(こちら)をご覧ください。

 

ツキノワグマの目撃情報をメールで配信中 

 気象警報や避難情報などを電子メールでお知らせする「ささやまデカンショ防災ネット」で、クマの目撃情報を配信しています。
 登録希望者は、防災ネットのページ(こちら)から、緊急情報お知らせメールに登録をしてください。

このページの先頭へ戻る