神戸肉流通推進協議会設立35周年記念大会で田中久工さんが最高位を受賞

 平成31年3月3日(日)に加古川食肉地方卸売市場で開催された「神戸肉流通推進協議会設立35周年記念大会」において、田中久工さん(味間奥)が出品された枝肉が最高位である名誉賞及び農林水産省 生産局長賞に選ばれました。
 この大会は、神戸ビーフのブランドの定義を明確にし、ブランドの維持、向上に努めている神戸肉流通推進協議会の設立35周年を記念する枝肉の共励会で、5年に1度の大会ということもあり、県内各地から予選を突破した選りすぐりの枝肉が出品されました。
 多くの枝肉が高い格付けを取得し高レベルとなったこの大会で、田中さんの出品された枝肉は最も高い格付けを獲得、名誉賞の受賞となりました。
この枝肉は、大会後のセリにおいて東京で会員制レストランを展開しているWAGYUMAFIAがこの日一番となる高値で落札されました。
 
 
190303meiyosho.jpg
(右)名誉賞を受賞の枝肉を出品された田中久工さん
(左)購買店WAGYUMAFIAの浜田寿人さん
 
 

このページの先頭へ戻る