兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会で溝口恒平さんが優良賞を受賞

 令和2年2月7日に加古川地方食肉卸売市場で兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が開催されました。
 第11回を迎えるこの共励会には、丹波篠山牛をはじめ、三田牛や黒田庄和牛など兵庫県内各地のブランド牛肉55点が出品されました。
 丹波篠山市からは市内予選で選ばれた4名から5点が出品され、溝口恒平さん(郡家)出品の牛肉が優良賞2席を獲得、丹波篠山牛賞に選ばれました。
 溝口さんが出品された牛肉は、丹波篠山市内の和牛繁殖農家、松本登喜雄さん(京町)が出荷された子牛を育て上げた100%丹波篠山市産のもの、「加古川和牛」代表のうちの1点として加古川市の肥育農家が出品、優良賞一席に入賞した牛肉が同じく市内の和牛繁殖農家、松浦俊明さん(郡家)が出荷された子牛を育てられたものでした。
 最高位の最優秀賞は「本場但馬牛」の大田克典さんが、各地域ブランド牛肉から出品されたそれぞれ5点の総合評価で決定する団体の部優勝は「プレミアム姫路和牛」が二年続けて受賞されました。
 
<こちらもご確認ください>
 
200207chiikibr.jpg
褒賞式にて他の入賞者と(後列右から2番目が溝口さん)

このページの先頭へ戻る