認知症高齢者等の見守り・SOSネットワーク

認知症高齢者等の見守り・SOSネットワークとは、
 
 1 行方不明が心配な方の情報を市町等に事前登録し、日頃の見守りを地域で行う(見守りネットワーク)
 2 もしも行方不明となった際に、ネットワーク構成機関等に情報発信し、早期発見を行う(SOSネットワーク)
 
上記2つのネットワークのことを指します。
 
SOSネットワークの流れ(高齢者の方が行方不明になられた場合の流れ)

1 家族等が警察に行方不明届 → 警察による発見活動

2 警察から市へ行方不明者情報提供

3 市から協力機関へ行方不明者情報(個人が特定できない情報。例えば、性別や服装、年齢など)をメール配信

4 協力機関が本人を見かけた際、警察へ情報提供
 
 

事前登録制度をご利用ください

 認知症などの病気により行方不明になる恐れがある方が、事前に本人の身体的特徴や連絡先、顔写真などを登録しておく制度です。

〈登録のメリット〉

 1 一人一人の状況に応じて見守り体制を検討し、地域での見守りに役立てます。(見守りネットワーク)

 2 行方不明になられた際、事前登録情報を元に警察によるスムーズな捜索活動や地域での発見活動が行えます。
  (SOSネットワーク)
   (事前登録がない場合、写真や身長・体重・靴のサイズ等の捜索に必要な情報がとっさに準備ず、捜索活動までに時間を要してしまいます)

 

問合せ先

丹波篠山市役所 保健福祉部 長寿福祉課
電話:079-552-5346


 


地域福祉課窓口(第2庁舎1階) 

tiikihukusihaiti.png

 

このページの先頭へ戻る