「篠山市第6期介護保険事業計画」(計画期間:平成27年度~平成29年度)

第6期、平成27年度に介護保険制度が大きく変わりました。介護予防・日常生活支援事業により要支援の方の訪問介護、通所介護が保険給付から市の事業に変更になりました。また、「地区いきいき塾」「いきいき倶楽部」といった介護予防事業を推進してきました。認知症施策のさらなる推進をはじめ、総合相談支援事業、権利擁護事業、在宅医療・介護連携の推進などの事業を地域支援事業の中で実施しました。介護保険の給付について、計画よりも大きく給付費が伸びました。高齢化が進んだことによる要介護認定の重度化、施設入所利用の増、特に市外の施設利用が増えたことなどが要因と考えられます。篠山市介護保険事業運営協議会において、第6期計画の評価を実施しました。

「篠山市第6期介護保険事業計画」

第6期評価(1)

第6期評価(2)

 


 


地域福祉課窓口(第2庁舎1階) 

tiikihukusihaiti.png

 

このページの先頭へ戻る