住宅の耐震化推進について

 篠山市にマグニチュード7.0、震度6強以上の直下型地震がおきた場合、多数の家屋倒壊を想定しています。
 こうした地震災害に備え、生命を守るために、住宅を補強しておくことが大切です。
 篠山市では、「簡易耐震診断推進事業」や「ひょうご住まいの耐震化促進事業」にて、住宅の耐震化を推進しています。

 事業概要版は次のファイルをご覧ください。

         「住宅耐震化の推進について(概要版)」(PDF:272KB)

 市民の皆さんには、補助制度も活用いただきながら、住宅の耐震化をされることをお勧めします。

篠山市内に分布する御所谷断層を震源として、マグニチュード7.0、震度6強の地震が発生した場合

揺れによる家屋被害(全壊425棟、半壊3,197棟)を想定(「篠山市地域防災計画」から)

「簡易耐震診断推進事業」について

住宅の耐震化を促進するため、耐震診断技術者が耐震診断を希望する住宅へ訪問し、調査・診断を行うことで耐震性のチェックを行います。

「篠山市簡易耐震診断推進事業実施要綱」(PDF:188KB)

 対象住宅/昭和56年5月31日以前に着工した住宅

  (注)次のいずれかに当てはまる場合は対象外です。

    ・過去に「篠山市簡易耐震診断推進事業」で診断を受けた住宅

    ・ツーバイフォー工法、丸太組工法およびプレハブ工法の住宅

    ・住宅として使用されている延床面積が全体の1/2以下である住宅

 診断費用/申込者の1割負担(ただし、戸建て木造住宅については、申込者負担なし)

 受付場所/篠山市役所2階 地域計画課

 

申込~診断の流れ

1. (1)「簡易耐震診断申込書」と(2)「耐震診断技術者名簿」を印刷してください。 

   申込書(戸建住宅)はこちら         ⇒簡易耐震診断申込書(戸建て住宅)(rtf:82KB)

   耐震診断技術者名簿(丹波管内抜粋)はこちら ⇒耐震診断技術者名簿(丹波管内抜粋)(PDF:40KB)

   耐震診断技術者名簿(兵庫県内全域)はこちら ⇒耐震診断技術者名簿(兵庫県内全域)(PDF:3.9MB)

2. (2)の中から耐震診断技術者を1名お選びください。

    ★注意★ 申込前にご自身で、選んでいただいた耐震診断技術者に電話等で、当該業務を依頼できるか確認してください。

3. (1)に必要事項記入の上、「建築時期のわかる書類」「対象建築物の写真」「位置図」を添えてご提出下さい。

4. 申込受理後、2~3週間後に、お選びいただいた耐震診断技術者から連絡がありますので、希望の診断日時をお伝え下さい。

5. 指定日時に耐震診断技術者がお伺いして、調査を行います。

6. 診断後、「耐震診断報告書」をお送りいたします。

簡易耐震診断の評価のめやす

1.0以上 

  安全です 

0.7以上から1.0未満 

  やや危険です 

0.7未満 

  危険です 

 1.0未満の場合は耐震改修を検討してください。

申込に関しての注意

※申込には建築時期のわかる書類が必要です。下の(1)~(5)のいずれかを添付してください。

(1)権利書の写し

(2)家屋の登記簿謄本の写し

(3)建築確認通知書の写し

(4)固定資産税課税明細書の写し(固定資産税納税通知書に同封)

(5)固定資産課税台帳の写し(篠山市役所1階 税務課の窓口で交付※手数料300円)

「ひょうご住まいの耐震化推進事業」について

既存の住宅の耐震化を促進し、安全・安心なすまい・まちづくりを推進するため、住宅の耐震改修の計画づくりや耐震改修工事を実施される方に対して、その費用の一部を助成します。

この事業の補助を活用にあたっては、事前に「簡易耐震診断」の判定が必要になります。 契約後の補助金申請はできませんのでご注意ください。

「篠山市住まいの耐震化促進事業補助金交付要綱」(PDF:299KB)

 

1 住宅耐震化補助 

 (1) 住宅耐震改修計画策定費補助 

 1.対象となる方

 以下の条件をすべて満たす住宅で、共同住宅、賃貸住宅及び店舗等併用住宅も含まれます。

  ア 昭和56年5月31日以前に着工されたもの

  イ 違反建築物でないもの

  ウ 耐震診断の結果、「危険」「やや危険」と診断されたもの

  エ 兵庫県住宅再建共済制度に加入している住宅又は加入する住宅

 2.対象となる費用

 安全性を確保するための耐震改修計画の策定(補強設計及び工事見積書の作成)とそれに伴う耐震診断に要する費用

 3.補助額

   戸建住宅 対象となる費用の2/3以内(限度額20万円)

   共同住宅 対象となる費用の2/3以内(限度額12万円/戸)

 

 (2) 住宅耐震改修工事費補助 

 1.対象となる方

兵庫県内に対象となる住宅を所有し、所得が1,200万円(給与収入のみの場合は、給与収入が14,421,053円)以下の県民の方(個人)

 2.対象となる住宅

   住宅耐震改修計画策定費補助と同じ

 3.対象となる費用

  (1) 地震に対する安全性を確保するための、次の一般型工事(附帯工事を含む)に要する費用

   ア 柱、はり、壁、筋かい及び基礎の補強

   イ 屋根の軽量化

   ウ 火打ち梁や構造用合板による床面の補強

  (2) (1)に併せて実施する内装工事費

    ただし、次に掲げるものは対象外

   ア 家具工事(作り付け家具も含む。)

   イ 照明器具、キッチン、ユニットバスの設置工事(ただし、撤去費は対象)

   ウ 建具工事(ただし、耐力壁の設置に伴い必要となる工事は対象)

 4.補助額

   戸建住宅 定額 100万円(対象となる費用が300万円以上の場合)

        定額 80万円(対象となる費用が200万円以上300万円未満の場合)

        定額 50万円(対象となる費用が100万円以上200万円未満の場合)

        定額 30万円(対象となる費用が50万円以上100万円未満の場合)

   共同住宅 対象となる費用の1/2以内(限度額40万円/戸)

   

2 部分型耐震化補助

 (1) 簡易耐震改修工事費補助

 1.対象となる方

   住宅耐震改修工事費補助と同じ

 2.対象となる住宅

   以下の条件をすべて満たす戸建住宅で、賃貸住宅及び店舗等併用住宅も含まれます。

  ア 昭和56年5月31日以前に着工されたもの

  イ 違反建築物でないもの

  ウ 耐震診断の結果、「危険」と診断されたもの

  エ 兵庫県住宅再建共済制度に加入している住宅又は加入する住宅

 3.対象となる費用

耐震性能を改善するための耐震改修計画の策定(補強設計及び工事見積書の作成)とそれに伴う耐震診断に要する費用及び耐震改修工事に要する費用(50万円以上のものに限る。)   ※耐震性能の改善とは、改修後の耐震診断の結果が「安全」又は「やや危険」となるもの

 4.補助額

   定額 50万円

 

 ◆補助金交付申請方法

 補助金交付申請は、篠山市役所2階 地域計画課までお願いします。

 補助金交付申請様式は次のファイルをご覧ください。

          補助金等交付申請書(rtf:362KB)              

          補助金交付要綱様式(rtf:3318KB)            

  補助金交付申請にあたっては、事前の打ち合わせが必要です。

  件数に限りがありますので、あらかじめ電話等でお問い合わせください。

 

 ◆住宅改修業者登録制度

 兵庫県の「住宅改修事業の適正化に関する条例」に基づき住宅改修業者の登録がされています。住宅耐震改修工事費補助、簡易耐震改修工事費補助は、この制度の登録を受けた業者によることが要件となっていますので、工事を依頼する際は下記登録業者リストを参考にしてください。

  登録業者は「ひょうご住まいのサポートセンターのホームページで公開されています。

   ひょうご住まいサポートセンター
    〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-1-3 神戸クリスタルタワー6F

    TEL:078-360-2536  FAX:078-360-2794 

    ホームページ http://support.hyogo-jkc.or.jp/

関連リンクについて

上記以外に兵庫県が実施する制度もあります。下記の概要版をご覧のうえ、詳しくは各お問い合わせ先にお尋ねください。

          兵庫県実施制度(概要版)(PDF:299KB)

 

お問い合わせ

まちづくり部地域計画課都市政策係

[電話] 079-552-1118(直通)

 


都市政策係記事一覧

宅地分譲

都市計画

地区計画

地図販売

建築確認

市営住宅

 

 

このページの先頭へ戻る