薪ストーブやペレットストーブの注意事項

 環境にやさしい暖房として注目されている薪ストーブですが、誤った使用方法や施工不良により火災が発生することがあります。

 心あたりありませんか?

makisutoubu.jpg

上記のような症状があると「低温着火」「煙道火災」が起こる予兆かもしれません。

「低温着火」とは、熱を加え続けられた木材の水分が蒸発・乾燥して「炭化」し、ある日突然燃え上がることをといいます。煙突の貫通部やストーブの熱を受ける部分に起こります。

「煙道火災」とは、煙突内にたまったすすやタールに引火し燃え上がることを言います。不適正な使用や掃除をしないことで起こったりします。

 このような火災を起こさないためにも法令の基準に従って設置しましょう。

・土間又は不燃材料のうち金属以外のもので造った床上に設置する。

・ストーブの周囲には可燃物等から離隔距離をとる。

・煙突が貫通する建築物の木材又は可燃性の材料の壁等との離隔距離は15センチメートル以上とする。若しくは、10センチメートル以上のめがね石などの金属以外の不燃材料で有効に貫通部の煙突を被覆する。

 119danro2.jpg  

適用法令

 篠山市火災予防条例第5条 (ストーブ)

 篠山市火災予防条例第17条の2 (火を使用する設備に付属する煙突)

 建築基準法施行令第115条(建築物に設ける煙突)

 

篠山市消防本部 予防課     ☎ 079-594-1118 

 


篠山市消防本部

管理課
 庶務係…人事・組織、予算・決算、消防計画、消防施設整備、消防統計など
予防課
 予防係…防火管理者制度、消防設備等の指導・規制、建築同意事務など
 危険物係…危険物規制事務、危険物施設の立入検査・指導、危険物統計、防火安全協会など
警防課
 消防係…署の庶務、総合訓練、火災調査・救急活動の情報管理など
消防署
 警防第1係…火災の調査、警防活動、消防地水利、火災等の統計、消防団・自主防災の訓練指導など
 救急第1係…救急業務、救助業務、救急・救助の統計など
 通信第1係…警報・気象・通信、災害情報、非常招集、消防無線など
 警防第2係…火災の調査、警防活動、消防地水利、火災等の統計、消防団・自主防災の訓練指導など
 救急第2係…救急業務、救助業務、救急・救助の統計など
 通信第2係…警報・気象・通信、災害情報、非常招集、消防無線など

 

このページの先頭へ戻る