ひとり親家庭を応援します

ひとり親家庭への支援制度を新設、拡充します。詳しくはお問合せください。

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業 【新設】

  高校を卒業していない(中退を含む)ひとり親家庭の親又は児童が、より良い条件での就業や転職へつなげるために高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す場合、その学び直しを支援することを目的に給付金を支給します。

対象者

(1)篠山市に在住の20未満の児童を養育しているひとり親家庭の親又はひとり親家庭の20歳未満の児童

(2)児童扶養手当の支給を受けているか、同等の所得水準にある方

(3)支給を受けようとする者の就学経験、就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況から判断して、高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる方

(4)高卒認定試験合格のための講座をこれから受講開始する方

給付金の種類と支給額

(1)受講修了時給付金(支給対象者が対象講座に受講を修了した際に支給)

 支給対象者が対象講座の受講のために本人が支払った費用の20%相当額を支給

   ※4千円以上、上限10万円

(2)合格時給付金(受講修了時給付金を受けた方が、受講終了日から起算して2年以内に高卒認定試験の全科目に合格した場合に支給)

 支給対象者が対象講座の受講のために本人が支払った費用の40%相当額を支給

 ※受講修了時給付金とあわせて上限15万円

 

自立支援教育訓練給付金 【拡充】

 ひとり親家庭の親が自立を目指して仕事に必要な資格や技術を身に付けるため、教育訓練を受講した場合、支払った費用の一部を給付します。

対象者

(1)篠山市に在住の20未満の児童を養育しているひとり親家庭の親

(2)児童扶養手当の支給を受けているか、同等の所得水準にある方

(3)雇用保険法による教育訓練給付の受給資格がないこと

(4)当該教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められること

 対象講座

 雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座等(ホームヘルパー、簿記、介護福祉士等) 

支給額

 支給対象者が対象教育訓練の受講のために支払った教育訓練経費の60%に相当する額

 ※12千円以上、上限20万円

 

高等職業訓練促進給付金 【拡充】

 ひとり親家庭の親の就労に役立つ資格を有するため、養成機関で訓練を受講している場合に、修業されている期間について生活の安定を図るため訓練促進費を支給します。また、養成機関への入学時における負担を考え修了支度一時金を訓練終了後に支給します。

対象者

(1)篠山市に在住の20未満の児童を養育しているひとり親家庭の親

(2)児童扶養手当の支給を受けているか、同等の所得水準にある方

(3)養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれる方

(4)就業又は育児と修業との両立が困難であると認められる方

(5)過去に高等職業訓練促進給付金の取得が見込まれる方

対象となる資格

(1)看護師 (2)准看護士 (3)保育士 (4)介護福祉士 (5)作業療法士 (6)理学療法士 (7)歯科衛生士 (8)美容師 (9)社会福祉士 (10)製菓衛生士 (11)調理師

支給額及び支給期間 

(1)訓練促進費

 住民税非課税世帯 100,000円/月   住民税課税世帯 70,500円/月

 ※支給期間は修業期間の全期間(上限3年)

(2) 修了支援一時金

 住民税非課税世帯 50,000円     住民税課税世帯  25,000円

 

 

保健福祉総合計画 子育ていちばん条例パンフレット
保健福祉総合計画 総合計画一般用 子育ていちばん 子供用 事業主用
概要版 一般用 子ども用 事業主用

 

 

このページの先頭へ戻る