平成30年度 就学援助費認定手続きについて

 篠山市では、経済的理由によって就学困難な児童・生徒の保護者の方に、学校で必要な費用の一部を援助する就学援助費制度を設けています。

 平成30年度就学援助制度を希望される場合は、制度案内をご確認の上、就学援助費認定申請書兼世帯票に下記の該当する区分に基づく証明書類を添えて申請してください。

   平成30年度就学援助制度のおしらせ(PDF:165KB)

   篠山市立小中学校連絡先一覧表(PDF:67KB)

 

1 就学援助を受けることができる方

 篠山市立小・中学校に在籍している児童・生徒の保護者で、次のいずれかに該当する方

(1) 生活保護を受けている方

(2) 次の各号に該当する方

  (ア)平成30年度中に生活保護の停止または廃止となった方

  (イ)児童扶養手当の支給を受けている方

  (ウ)平成29年中(平成29年1月~12月)の所得額が世帯構成別所得基準以下である方(住民票上は別世帯でも住所地が同じ場合は世帯構成人員に含みます。)

  (エ)上記(ア)~(ウ)のいずれにも該当しないが、就学が困難となる経済的な理由のある方(生計維持者の死亡または長期療養等)

 

2 就学援助の種類

 ・ 学用品費、通学用品費(定額)

 ・ 新入学学用品費(定額) ・・・・ 新1年生で4月1日付認定者が対象となります。

 ・ 校外活動費(定額) ・・・・ 社会見学旅行、スキー学校に要する経費

 ・ 修学旅行費(実費)

 ・ 学校給食費(実費)

 ・ 医療費 ・・・・ 学校の定期健康診断において治療の指示を受けた学校保健法施行令第8条で定める疾病(結膜炎、中耳炎、う歯、寄生虫病、慢性副鼻腔炎他)の治療で保険診療分の自己負担分

 

3 申請に必要な書類

 次の書類をそろえて、該当する学校へ提出してください。

 (1)平成30年度就学援助認定申請書兼世帯票(PDF:158KB) ※A4版両面で印刷してください。

     ※ 申請書兼世帯票記載例(PDF:224KB)

 (2)証明書

該当事由 必要な証明書
生活保護を受けている 証明書は必要ありません
生活保護の停止・廃止 証明書は必要ありません
児童扶養手当の受給 「児童扶養手当証書」(福祉事務所長印の押してある見開きページ)の写し
基準所得以下

【平成30年6月上旬までの申請の場合】

1)平成29年分「源泉徴収票」(写) 

2)平成29年分「確定申告書控」(写)

3)平成30年度「市民税・県民税申告書」(写)

【平成30年6月上旬以降の申請の場合】

「平成30年度 市・県民税課税(非課税)証明書

その他就学が困難となる経済的な理由 特別な事情を証明できる書類(診断書、公的機関等の証明)

 

4 申請先及び期限

 (1)当初認定(4月1日)の場合

平成30年度の学年 提出期限 提出先
小学1年生 平成30年3月5日(月) 入学予定の小学校
小学2年生から6年生 平成30年3月5日(月) 提出時点に在学中の小学校
中学1年生 平成30年3月5日(月) 提出時点に在学中の小学校
中学2年生~3年生 平成30年3月5日(月) 提出時点に在学中の中学校

 ※ 確定申告時期より早い提出期限となりますので、確定申告が必要な場合は事前準備をお願いします。

   上記期限を過ぎての申請については、5月からの認定になります。

 

 (2)随時認定の場合

    平成30年4月以降の申請についても、随時で認定を行っています。

    ただし、その場合は、申請書提出月の翌月からの認定となります。

 

担当:篠山市教育委員会事務局 学事課 学事係

TEL 079-552-5714


 

このページの先頭へ戻る