人権講演会のご案内

平成30年度 人権講演会の開催について

篠山市では、市民の皆さんに、人権に対する理解と認識を深めていただくため、人権講演会を開催しております。

平成28年度に実施した篠山市人権意識調査では、「認知症で徘徊する高齢者について、鍵をかけて家から出られないようにすることはいけないことである」という設問に対し、「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」を足した回答率が、52.1%と他の設問に比べて低い結果が出ました。

これは、社会問題化している認知症高齢者の徘徊が、家族にとってもかなりの負担になっている状況から、「鍵をかけて家から出られないようにすること」への意見について、賛否両論分かれる結果となっていると分析しています。

これまで住民学習などで高齢者の人権については学習してきましたが、今回さらに認知症への理解を深めていくため、認知症や介護などについて数多くの執筆や講演活動をされている渡辺哲雄さんをお迎えします。

ご近所・友人等お誘い合わせいただき、多くの方がご参加くださいますようお待ちしております。 

とき

 平成30年10月30日(火曜日) 

 19時30分から21時まで(予定)

ところ

  篠山市民センター 2階 多目的ホール (篠山市黒岡191)

内容

 講演  

  演題  認知症高齢者の人権に配慮したケアの方法について~認知症ストーリー・ケアのすすめ~

  講師  渡辺 哲雄 (わたなべ てつお)さん (NPO法人東濃成年後見センター理事長)

    tirasi0921.jpg人権講演会_チラシ(PDF:358KB)

      ※託児(要申込)・手話通訳あります

      ※本講演会は、「認知症サポーター養成講座」を兼ねています。
       終了後、認知症サポーターの目印となるオレンジリングをお渡しします。  

申込み

 不要 (だたし、託児をご希望の場合は、前日までに人権推進課へお申し込みください。)

 参加無料

問い合わせ先

 篠山市北新町41 篠山市役所 第2庁舎1階

 市民生活部 人権推進課

 TEL:079-552-6926

 FAX:079-554-2332

 Eメール:jinken_div★city.sasayama.hyogo.jp

 (アドレスをコピーして使用される場合は、★を半角の@に置き換えてください)


 

フィフティ

 

このページの先頭へ戻る