後期高齢者医療制度について

             

後期高齢者医療制度とは 

 後期高齢者医療制度とは、老人保健制度が廃止され、平成20年4月から始まった新しい高齢者の医療制度です。後期高齢者の心身の特性や生活実態などを踏まえ、高齢社会に対応した仕組みとして、独立した高齢者の医療制度が創設されました。

 制度の運営は、兵庫県内の全ての市町が加入する兵庫県後期高齢者医療広域連合と市町で役割分担しています。

 対象者(被保険者)は75歳以上の方、一定の障害のある65歳以上75歳未満の方※です。これまで国民健康保険や健康保険組合などの被保険者だった方はもちろん、ご家族の社会保険等の被扶養者であった方も、それぞれの保険から脱退して後期高齢者医療制度の被保険者となります。

 ※一定の障害のある65歳以上75歳未満の方は申請により兵庫県後期高齢者医療広域連合の認定を受けた方です。

 ※一定の障害の内容、手続きの方法については、医療保険課医療係(079-552-7103)にお問い合わせください。

 

 兵庫県後期高齢者医療広域連合ホームページ

 

医療保険課のご案内

本庁舎1階
案内図

 

このページの先頭へ戻る