後期高齢者医療制度の送付先変更の手続きについて

        

送付先の変更について 

 後期高齢者医療制度に関する書類は住所地へ送付するのが原則ですが、下記のような事情がある場合は送付先の変更手続きをいただくことにより、住所地以外の場所に後期高齢者医療制度関係の書類を送付することができます。なお、送付先の登録を変更・終了する場合も手続きが必要となります。

 

 〇被保険者が入院等したことにより、一時的に住所地に各種手続きを行う者がいない場合。

 〇親族による介護が必要であり、親族宅へ居住を移している場合。

 〇DV等の事情により、住所地以外の場所で生活をしている場合。

 〇成年後見人制度により保護を受けている場合。

 〇介護施設等に入所された場合。

 

申請に必要なもの 

 〇後期高齢者医療関係書類送付先(登録・変更)申請書兼終了届

 〇被保険者及び代理人の本人確認書類ができるもの(成年後見人等の法定代理人の方は登記事項証明書等も必要です。)

 〇委任状(法定代理人が申請をされる場合に必要です。)

 ※委任状の作成や医療保険課窓口での申請手続きが困難な場合は医療保険課医療係(079-552-7103)までお問い合わせください。

 

医療保険課のご案内

本庁舎1階
案内図

 

このページの先頭へ戻る