後期高齢者医療制度の入院時の食事代

                

入院時食事療養費の支給

入院したときの食事代の自己負担額は下記のとおりです。

所得区分は自己負担割合と同じ判定条件です。

なお、既に食事代をお支払いで、上記の食事代との差額が発生している場合につきましては、申請により差額の支給を受けることができます。

所得区分 1食当たりの食事代
現役並み所得者 460円 (※1)
一般
低所得II 過去12か月の入院日数が90日以内 210円
過去12か月の入院日数が91日以上 160円   (※2)
低所得I 100円

※1 指定難病患者の方は1食当たり260円です。また、平成28年3月31日において、1年以上継続して精神病床に入院していた方で平成28年4月1日以降も引き続き医療機関に入院している方については、当分の間、1食当たり260円です。(合併症等により同日内に他の病床に移動または他の保健医療機関に転院し、引き続き入院した場合を含みます。)

※2 所得区分が低所得IIの認定を受けており、過去12か月の入院日数が90日を超える場合は、申請(入院日数が確認できる領収書等が必要)により申請日の翌月から長期入院該当の「限度額適用・標準負担額減額認定証」にて医療機関にて1食当たり160円となります。また、申請により90日を超えた分の食事代の差額分の支給を受けることができます。

 

療養病床に入院した時の食事代・居住費

所得区分
1食当たりの  食事代 1日当たり居住費
現役並み所得者 460円(※1)
370円(※4)
一般
低所得II
210円(※2)
低所得I
130円(※3)
低所得I(老齢福祉年金受給者)
100円
0円

 ※1 保健医療機関の施設基準等により、420円の場合もあります。

※2 指定難病患者の方で、過去12ヵ月の入院日数が90日を超える場合は160円です。

※3 指定難病患者の方は100円です。

※4 指定難病患者の方は0円です。

医療保険課のご案内

本庁舎1階
案内図

 

このページの先頭へ戻る