外来生物「オオキンケイギク」の駆除について

5~7月頃に道端や河原などで、黄色いコスモスのような花を見かけることがあります(写真)。

これは北米原産の「オオキンケイギク」で、見た目の良さから、かつては道路法面などの緑化に使われました。

しかし、強靭な生命力で日本固有の野草を駆逐してしまうため、生態系への影響から「特定外来生物」に指定、外来生物法により、栽培・運搬・保管・販売などが禁止されました。オオキンケイギクに罪はありませんが、きれいな花だからと庭に植えたり、刈り残したりせずに、駆除しましょう。

特徴 

IMG_9490.JPG

201807031713.JPG

201807031714.JPG

・花びらの先端が4~5つにわかれている

・花の中心部も黄色

・背丈は50~70センチメートルくらい

・葉はへらのような形で両面に毛がある 

 

駆除方法

・根から引き抜き、枯死させてから燃えるゴミとして処分(種子が飛散しないように注意)。

 

 

 

このページの先頭へ戻る