【受付終了】10/15 400年の歴史を味わう春日神社祭礼~鉾山を引く体験と歴史ガイドツアー~

このツアーの受付は終了しました。

*************************************************************************************

【エコツアーのモニター募集のお知らせです】

春日神社祭礼イメージ

兵庫県篠山市の無形民俗文化財「春日神社祭礼」では、城下町にある9台の鉾山が巡行します。
本ツアーでは、篠山城の築城から約400年にわたり受け継がれている城下町と鉾山の歴史を学びながら、祭礼の季節には欠かせない丹波篠山の郷土料理「サバ寿司」も味わうツアーです。

鉾山体験イメージ
 

春日神社の祭礼とは

・毎年10月の第三日曜日を本宮、その前日を宵宮として、城下町にある9台の鉾山が笛や鐘のお囃子を奏でながら巡行します。
 刺繍が施された前掛けや見送りも見どころのひとつです。
 地元の人はこの祭りを「かすがさん」、鉾山を「ちんちき山」と親しみを込めて呼んでいます。
 春日神社の祭礼は、平成29年1月に兵庫県篠山市の無形民俗文化財に指定されました。


※2014年春日神社祭礼の様子(篠山市視聴覚ライブラリー作成)

・春日神社境内には国の重要文化財「春日神社能舞台」もあります。
 1年に数回しか開かない能舞台の建物見学もできる貴重な機会です。

・かすがさんでは、各家庭で手作りのサバ寿司を食べるのが伝統です。

 サバ寿司イメージ 
※写真はすべてイメージです。
 

日時

平成29年10月15日(日曜日)10時~17時
 

集合場所

篠山市役所 本庁 正面玄関・銀行ATM前(篠山市北新町41)

※この時期の篠山市は交通渋滞が予想されます。
自家用車、公共交通機関いずれも余裕をもってご出発ください。
特に篠山口駅から神姫グリーンバスをご利用の場合、当日は祭事のため臨時運行・バス停のためご注意ください。
 

定員

10名(最少催行人数 5名)
※モニターツアーのため、市外から参加の方で、公共交通機関でお越しの場合は集合場所までの交通費の一部を協議会が負担します。
 

参加費

大人 4,500円
※昼食代、施設見学費、講師料含む。
 

当日の注意点

・鉾山を曳く体験は天候・安全面を考慮し、体験ができない場合もあります。ご了承ください。

・本ツアーは長時間を歩きます。疲れない履きなれた靴でお越しください。
 また、鉾山体験では、貴重品が携帯できる両手の空くカバンがおすすめです。

・サバのアレルギーのある方は、昼食を「箱寿司」に変更することも可能です。
 希望する方は申込時にお知らせください。
 

プログラム

10時00分 集合「篠山市役所本庁」正面玄関・銀行ATM前(兵庫県篠山市北新町41)
10時20分
国の史跡・篠山城跡の見学
1609年に徳川家康の命により築城された篠山城。篠山市の城下町の町割りは約400年前とほとんど変わらず現存しています。春日神社祭礼の舞台となる城下町の歴史について学びます。
11時00分 レクチャー「春日神社の祭礼、歴史と魅力」
11時30分
春日神社見学
講師:久下隆史(園田学園女子大学非常勤講師、日本民俗学会評議員)
   久下正史(灘中学・高等学校教諭)
篠山市無形文化財に指定された春日神社の祭礼に関する調査を担当された久下先生にその魅力を伺い、先生のご案内で春日神社境内も見学します。
(鉾山は11時50分から12時10分宮入予定)
12時30分
昼食・秋祭りの定番のごちそう「サバ寿司」
※サバアレルギーの方は箱寿司に変更も可能です。
14時15分
鉾山を曳く体験
下立町自治会のみなさんと一緒に鉾山を曳きます。
祭事に参加させてもらえる貴重な体験です。
17時00分 終了、篠山市役所まで案内し解散

 

主催

イベント企画:篠山市エコツーリズム推進協議会
旅行企画:一般社団法人ROOT
(兵庫県知事登録旅行業 地域-734号、総合旅行業務取扱管理者 多賀深雪、受注・手配旅行取扱可能地:篠山市、西脇市、三田市、丹波市、加東市、川辺郡猪名川町、大阪府豊能郡能勢町、京都府南丹市、福知山市、船井郡京丹波町)

協力

下立町自治会
 

旅行申込・問い合わせ

お申し込みは下記まで、氏名(ふりがな)、性別、年齢、住所、電話番号、食べ物のアレルギーの有無、集合場所までの交通手段をお知らせください。

【申込・問い合わせ先】
 ROOT Travel(一般社団法人ROOT)
 電話番号:079-552-3988
 メールアドレス:info★rootsy.jp(★を@に変えてお送りください)
 ホームページ:http://rootsy.jp/travel/contact.html(外部サイト)

【申込期限】
 平成29年10月11日

このページの先頭へ戻る