平成31・32年度入札参加資格審査申請(建設工事)における社会保険等加入の要件化について

入札参加資格審査申請(建設工事)における社会保険等加入の要件化について

本市では、技能労働者等の就労環境の改善及び公平で健全な競争環境を構築する観点から、建設工事に係る入札参加資格申請において社会保険等に加入していることを受付の要件とし、平成31・32年度入札参加資格審査申請からこれを適用します。

 

加入状況の確認方法

入札参加資格審査申請時に提出を受ける経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書(以下、「経審通知書」という。)の「その他の審査項目(社会性等)」欄により、確認します。

  1. 「健康保険」、「厚生年金保険」及び「雇用保険」の加入の有無のすべてが「有」又は「除外※」となっている場合は、資格審査申請を受け付けます。
  2. 「健康保険」、「厚生年金保険」及び「雇用保険」の加入の有無のいずれかが「無」となっている場合は、資格審査申請を受け付けません。

ただし、2の場合でも下記のいずれかに該当する場合は資格審査申請を受け付けます。

  • 経審通知書の通知日後に社会保険等に加入している場合:申請時に保険料の領収証書等の資料提出により加入が確認できることを条件とします。

  • 資格審査申請時点で未加入の保険があるが、平成31年3月31日までに加入予定である場合:申請時にその旨の申立書を提出すること及び保険への加入が完了次第保険料の領収証書等を提出することを条件とし、平成31年3月31日までに確認書類の提出がない場合は、入札参加資格は無効とします。(経過措置であり、次回以降の資格審査申請においては、この条件での受付は行わない見込みです。)

参考

建設業における社会保険未加入者対策について(国土交通省ウェブページ)

 


■■■ご確認ください■■■

このページの先頭へ戻る