医療費控除は領収書の提出が不要となりました。

平成29年度税制改正により、医療費控除の適用要件が変更されます

従来、医療費控除を受ける場合は、電子申告で申告する場合を除き、領収書の添付と明細書の記載が必要でしたが、平成29年分の確定申告からは、領収書の提出・提示が不要となり、明細書の提出だけでよくなります。

ただし、領収書は法定申告期限(平成29年分の確定申告の場合は平成30年3月15日)から5年間は納税者自身で保存しておく必要があります。

◆医療費控除とは

その年の1月1日から12月31日までの間に本人又は本人と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを「医療費控除」といいます。

医療費控除を受けるための手続

手続きの概要はこちら(リーフレット)(PDF:752KB)

お問い合わせ

くわしくは、税務署までお問い合わせください。
柏原税務署 電話0795-72-1130(自動音声案内→「2」を選択)

 


案内図


 税務関係のホームページのリンク集です。



■国税庁 確定申告や電子申告等の国税に関することはこちらへどうぞ。
■国税庁・タックスアンサー 国税庁による税務相談室。国税についてわからないことがあれば、ここを使うと便利です。
■国税庁・路線価図・評価、倍率表 路線価の情報を検索することができます。
■大阪国税局 兵庫県を含む近畿2府4県を管轄している国税局です。
■財務省 国の予算や税制改正などについて掲載されています。
■総務省 地方税のしくみが説明してあります。
■国土交通省・土地総合情報ライブラリー 全国の地価公示・地価調査情報を検索することができます。
■兵庫県税務課 県税についてはこちらへどうぞ。


■(財)資産評価システム研究センター 固定資産税に関する情報はこちらへどうぞ。
■日本税理士会連合会 納税者の立場に立った税務情報が提供されています。

 

このページの先頭へ戻る