屋外広告物の安全管理について(お願い)

 平成27年2月15日、札幌市において、ビルの壁面に設置されている看板の一部が落下し、歩行者が意識不明の重体となる事故が発生しました。屋外広告物は老朽化すると落下や倒壊などの危険が生じます。また、大型台風やゲリラ豪雨などの自然災害の影響も懸念されます。

篠山市屋外広告物条例では、設置者又は管理者に対し、良好な状態で保持するよう、管理義務を定めています。

同様の事故を未然に防止するため、設置・管理されている看板等の屋外広告物について、安全性の点検や、必要な改修を実施していただきますようお願いします。

 なお、屋外広告物の掲出等を行う場合は、あらかじめ許可申請が必要です。篠山市屋外広告物条例等に基づき、適切な手続きを行っていただきますようお願いします。

 また、 設置済みの屋外広告物で未申請のものについては、速やかに許可申請の手続きを行ってください。 

 篠山市屋外広告物条例については、こちらをご覧ださい。

 

 こんな広告物は注意してください。

  (1) 設置してから、専門業者に点検してもらったことがない

  (2) 広告物の取り付け部分が錆びている

  (3) 弱い風でもぐらついている

   など。点検については、専門業者にご相談ください。

 

 

 景観室記事一覧

 景観計画

 ・景観助成

 ・屋外広告物

 ・まちづくり条例

 ・緑条例

 ・里づくり計画

 ・まちづくり審議会

 ・土地利用

 

このページの先頭へ戻る