歯科医院の受診には「お薬手帳」の持参を!

 歯科医院を受診する際に、お薬手帳を持参されていますか?
 「歯を治すのに、飲んでいる薬は関係ないだろう?」と思われる方も多いと思いますが、服用されている薬によっては治療の際に注意しなければいけないことがあります。
 たとえば、過去の病歴で脳梗塞や心筋梗塞などを発症された方には、血液の抗凝固剤が処方されている場合がありますが、そのような方は、血が止まりにくいため、抜歯などの出血を伴う治療の際は注意を必要とします。
 また、骨粗しょう症の方には、その治療薬であるビスホスホネート薬(BP薬)が処方されますが、そのような方に抜歯を行うと、ごくまれに顎骨壊死などの合併症を引き起こすことがあり、重症化してしまう恐れがあります。
 その他にも、特定の抗てんかん薬を服用している方への治療で、歯肉肥大が起こることもあります。
 さらに、お薬の飲み合わせの問題もあります。リウマチなどで鎮痛剤を処方されている方に重ねて歯の鎮痛剤を処方することは適切ではありません。
 このように、お薬手帳からはさまざまな情報を知ることができ、医師が確認することで、適切な治療を行うことができます。
 お薬は一人一人の病気に合わせて処方されています。皆さんの健康を守るためにも、お薬手帳の提示をお願いします。

このページの先頭へ戻る