第17回篠山市地域公共交通活性化・再生協議会および篠山市地域公共交通会議の会議録を公開します

篠山市地域公共交通活性化・再生協議会とは

 「地域公共交通活性化・再生協議会」は、“地域公共交通の活性化及び再生に関する法律”に規定する「地域公共交通網形成計画」の策定及び実施に関して必要な協議を行うための協議会です。

 本協議会では、公共交通の運行に関する周知啓発や利用増進に関わる取り組みについて協議をしていただき、運営に反映することで、公共交通の維持につなげていこうとしています。

篠山市地域公共交通会議とは

 「地域公共交通会議」は、地域住民の生活に必要な旅客輸送を確保する目的で、地域の実情に応じた適切な乗合旅客運送の態様及び運賃・料金等に関する事項等について協議するために地方公共団体が主宰するもので、“道路運送法施行規則“に基づいて、地域の合意形成を図る組織として設置するものです。

 現在運行しているコミュニティバスや乗合タクシーに関して、路線や運賃などの見直しを行ったり、平成30年4月から実施しています市町村有償運送事業など、新たな交通手段を導入するときなどには国の許可を得なければなりませんが、その際、篠山市の中で関係者の合意を図ることを目的としています。

会議録

 平成30年6月27日 第17回協議会 会議録(PDF:274KB)

<資料>
(1)次第(PDF:86KB)
(2)平成29年度事業報告、運行実績、収支決算、会計監査報告(PDF:1.0MB) 
(3)平成30年度事業計画_会計予算(案)(PDF:536KB)
(4)篠山市地域公共交通会議(PDF:894KB) 
 ※阪急バス杉生線の一部廃止および後川有償運送の杉生停留所への乗り入れ
 


 

このページの先頭へ戻る