「篠山イノベーターズスクール」4期生募集

神戸大学がサポートする農村起業スクール「篠山イノベーターズスクール」2018年度 入学生 募集
 
 地域の資源を活かした新しいしごと、農村の未来を創る「地域イノベーター」を育てるスクール「篠山イノベーターズスクール」について、5月に開講する4期生を募集します。
 今回のスクールは、5月から平成31年4月までの1年間のプログラムで、内容は4つのCBLと6つのセミナーで構成しています。CBLとは造語「Community Based Learning(地域プロジェクト実践型学習)」の略で、実践者からノウハウを学ぶ内容のものです。4種類のCBLは1科目選択、最大8名の少人数制で5月から9月までの期間に実施します。また年間を通して順次開講する6種類の「セミナー」では、大学教員等から基礎的な知識、理論、手法を学びます。スクール後半にはビジネスプランを具体化していき、1年後の事業スタートを目指します。

詳細は篠山イノベーターズスクールのHPやパンフレットをごらんください
school.png

 
 
【これまでより更に充実!】
1. メイン教室、篠山口駅直結「神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ」を学習の場、仕事場として利用可能。書籍の貸し出しも。
2. 神戸大学の研究者や様々なタイプの起業家、より幅広い分野の専門家がサポート、メンター支援します。
3. コーディネーター、地域の創業支援者によるPDCAの伴走支援。新企画「ビジネスモデル構築ゼミ」も開講。
4. 篠山市の地域内へのオフィス開設支援、篠山市への移住・定住支援も。
5. イノベーションラボの実践コミュニティ(地域と交わりながら進める様々なプロジェクト)へも接続。
 
【4期のプログラム】
[実践] CBL(Community Based Learning)
農村ビジネス実践者のもと、現場の体験を通してノウハウや姿勢を学ぶ。<1科目必修(各科目全6回)>
・「強みを活かす農家経営」《6-8月 木曜夜/日曜昼 開講》講師 婦木 克則(婦木農場 代表)
・「売れる農産品の企画開発」《6-8月 火曜夜/土日昼 開講》講師 高田 成(有限会社 篠ファーム 代表取締役)
・「人が集まる農泊マネジメント」《6-9月 土/日 開講》講師 秋谷 奈美(ゲストハウスAPRICOT)
・「地域ビジネスプロデュース」《6-8月 月曜夜/土曜昼 開講》講師 中原 大輔(地域プロデューサー/ササヤマルシェ実行委員長)
 


 

このページの先頭へ戻る