「丹波篠山市」への市名変更にかかる方針について

「丹波篠山市」への市名変更にかかる方針について、本年4月28日の意見交換会をはじめ、自治会、企業や事業所、各種団体に出向いて、説明と話し合い、アンケート実施に取り組みました。現在では、多くの人が「丹波篠山」の危機的ともいえる混乱状況を理解し、「篠山市の未来」を考え、「丹波篠山」ブランドを市名とする方が良いと理解していただいたことから、本日付で「市名変更についての最終報告」のとおり市の名称を「丹波篠山市」に変更する方針としました。

なお、篠山市(篠山市長)は、本年7月に市民を交え実施したまとめの検討会などをもとに7月中に意思決定をし、意思決定したならば、臨時議会を念頭に速やかに市議会への提案を検討していました。

時を同じくして、市民の方が記者発表され、住民投票の実施を求める署名活動を「7月28日の発足式以降速やかに始め、8月中の達成を目指す」との新聞報道がなされました。

住民投票については、実施には約2,600万円という多額の費用を要すること、投票率が50%に満たない時は不成立となり開票もしないこと、賛成反対の対立が深まる懸念がある、などの課題もあります。そのため、篠山市(篠山市長)としては、説明と話し合いを積み重ねることで、市民の心をひとつに、合意の方向をめざしてきたものです。

しかし、平成26年4月1日から施行している篠山市住民投票条例では、有権者の5分の1以上の署名により住民投票の実施を請求できることとしており、これは条例に定める市民の権利です。したがって、その署名活動が今にも始まるというならば、篠山市長としては市議会への提案を見合わせ、その行方を見守ることとします。

そして、必要な署名が集まるならば住民投票を実施することとなり、集まらない時や、署名活動が記者発表のとおり速やかに開始されないのであれば、直ちに市議会へ提案をすることになります。

 

・市名変更についての最終報告(PDF)

・市名変更説明の状況(7月31日現在)(PDF)

・説明会後のアンケート集計(7月31日現在)(PDF)

お問い合わせ

〒669-2397 篠山市北新町41

政策部 創造都市課 企画戦略係

TEL 079-552-5106(直通)

MAIL sozotoshi_div★city.sasayama.hyogo.jp(★を@に置換えてください。)


 

このページの先頭へ戻る