市名変更に伴う手続きのご案内

市名変更に伴う手続きについて

市名変更に伴う手続きの内容についてはこちら(PDF:1.7MB)をご覧ください。
(広報「丹波篠山」2月号の挟み込みの内容と同じものです)

 

5月1日から、篠山市は、「丹波篠山市」としてスタートします。

 市名の変更に伴い、皆さんの住所表示が変更されることから、官公庁などの各機関で住所の表示変更の手続きが必要となる場合があります。
 各種手続きの必要性について、その主な内容をお知らせします。なお、詳細については、それぞれの窓口にご確認ください。

 

国、県、市などの行政機関への手続き

 市民の皆さんが個々に住所変更の手続きをしていただく必要は一部の手続きを除き、生じません。
 市名の変更は市民の皆さんの生活に深い関連を有するため、総務大臣によって市名変更の旨の告示がなされ、また、国の関係行政機関の長にあてた通知により広く全国に周知されます。
 国、県、市などの行政機関では、総務大臣の告示および通知により、各種手続きにおける住所変更の手続きがなされたものとみなします。
 

vol238_simei-01.jpg

市名変更各種手続き.jpg

 

民間企業への手続き

vol238_simei-3.jpg

 

その他の手続き

上記手続きのほかにも、あて名ソフトの住所表記などにおいて市民の皆さんにご負担をおかけすることが想定されます。
 
 

住所変更表示証明書について

 住所表示の変更手続きが必要な場合、市名の変更による住所表示の変更内容を証明する市長の証明書の添付を求められる場合があります。
 この証明書については、丹波篠山市誕生の5月1日以降に発行できるよう準備しています。
 

このページの先頭へ戻る