学校給食放射性物質検査結果報告(平成30年2月分)

 篠山市教育委員会では、児童生徒のより一層の安全・安心を確保する観点から学校給食における放射性物質の有無や量について把握するため、学校給食一食全体について事後検査を行う、学校給食放射性物質検査を実施しています。

 

検査について

1 検査機関

 株式会社 日本食品エコロジー研究所

2 検査方法
 ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
 実際に提供した給食一食分を1週間まとめて測定
3 検査項目

 放射性セシウム134、137

4 検出下限値

 各1ベクレル/kg (これ未満は「不検出」として表示)

5 検査結果

 検査日:平成30年2月15日

 提供期間:平成30年2月5日~2月9日

 給食提供施設:篠山市立篠山東部学校給食センター

 献立:下記のとおり

   5日 ごはん、牛乳、豚肉とキムチの炒め煮、もやしのナムル、トックスープ

   6日 ハヤシライス(麦ごはん)、牛乳、焼きチキンウインナー、切り干し大根のハリハリ漬け

   7日 ごはん、牛乳、くじら肉の竜田揚げ、シラスと水菜の甘酢和え、かきたま汁、きんかん

   8日 小あげパン、牛乳、とうふの煮物、ほうれん草とコーンのソテー、ぽんかん

   9日 ごはん、牛乳、みそおでん、キビナゴのカリカリフライ、小松菜とえのきのおひたし

 各項目の結果:

セシウム134(ベクレル/kg):不検出

セシウム137(ベクレル/kg):不検出

 

※今月の検査については、篠山東部学校給食センターを対象としておりますが、東部・西部両学校給食センター共に、同一業者からの物資仕入れとなっているため、検査結果についても同様です。検査については、東部・西部両学校給食センター隔月毎の交替にて実施しています。

 

【基準値】(参考)

一般食品

100ベクレル/kg

牛乳

50ベクレル/kg

乳幼児用食品

50ベクレル/kg

飲料水

10ベクレル/kg

 

【所在地】

 丹波篠山市立東部学校給食センター : 兵庫県丹波篠山市日置121

 丹波篠山市立西部学校給食センター : 兵庫県丹波篠山市高屋333

 

このページの先頭へ戻る