【清掃センター】パソコンと電子レンジの取扱いが変わりました

 篠山市では、平成30年4月から「小型家電リサイクル法」にもとづいた使用済み小型家電製品(炊飯器、電気ポット等電気で動くほとんどの家電製品)の再資源化を実施しています。

 金属ごみとして収集した使用済み小型家電製品を、国の認定を受けた再資源化事業者に引き渡す事により、鉄とアルミだけでなく電子基板や配線に使われている金、銀、銅などの貴金属や、外装のプラスチックに至るまで、きめ細かくリサイクルできるようになりました。

この事により、4月からパソコン類と電子レンジの取扱いを下記のとおり変更しました。

パソコンが処理できるようになりました

 いままで、清掃センターでは取り扱できなかったパソコン類(デスクトップ、ノートパソコン、ディスプレイ等)が金属類として収集、処理できるようになりました。

  ※従来のメーカー引取りによるリサイクルも引き続き実施しています。

 電子レンジの個別処理手数料を廃止しました

 従来電子レンジは処理困難物として1台650円の処理手数料を頂いていましたが、特別な処理をしなくてもリサイクルできるようになるため、他のごみと同様、重量による処理手数料(家庭系90円/10kg、事業系150円/10kg)になりました。

※パソコン、電子レンジともに分別は「金属類」です。重さ10キロ以内で指定袋に入る大きさの物は、金属類の日にごみステーションに出せます。重さ10キロ以上もしくは指定袋に入らない大きさの物は、清掃センターに直接搬入してください。

テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、エアコン、衣類乾燥機は、引き続き清掃センターでは処理できません。販売店等での引取りをお願いします。

このページの先頭へ戻る