特別講演「波々伯部神社の祭礼ー「山」の神事ー」開催について

oyamashinji2.JPG波々伯部神社の祭礼は、篠山を代表する祭りの1つです。その大きな特色は、中世と近世両方の祭事形態を色濃く残していることです。

  特に、「お山」と呼ばれる曳山を舞台に謡曲を謡いながら操り人形「デコノボウ」を操る様式は、中世の祭礼要素を残すものとして全国においても大変貴重なもので、国の無形民俗文化財に選択されています。

また、神事で奉納される、操り人形の「デコノボウ」は、胴串だけの単純素朴なつくりで、文楽、人形浄瑠璃の人形の祖形と見られています。 

本講演では、講師に平成19年度に文化庁の委嘱事業で波々伯部神社 の調査を担当された、兵庫県立歴史博物館 館長補佐の小栗栖健治氏をお招きし、波々伯部神社の祭礼 の特色と「やま」の歴史を中心ご講演いただきます。

地域に伝わる伝統的なお祭りを知る良い機会ですので、ぜひお越しください。

日時

平成24年10月27日(土曜日) 午後1時~午後3時

場所

篠山市民センター 多目的ルーム2・3 (篠山市黒岡191)

定員、参加費

60名(要電話申込)、無料

講師

小栗栖 健治氏(兵庫県立歴史博物館 館長補佐)

関連事業

篠山市立歴史美術館開館30周年記念特別展「-丹波の祇園さん-波々伯部神社の祭礼と社宝」

会 期:平成24年12月9日(日曜)まで 

     9時~17時(入館は16時まで)※最終日は16時まで 

休館日:月曜日

場 所:篠山市立歴史美術館

入館料:大人500円、大学・高校生400円、中学・小学生300円(市内小・中学生は無料)

      団体割引30人以上50円引

      4館共通券 大人800円、大学・高校生500円、中学・小学生350円 

申込・問合せ先

篠山市立歴史美術館 079-552-0601 ホームページ(外部リンク)はこちら

 

oyamashinji1.jpg

 

 

 


リンク集(外部サイト)


 

篠山城大書院 篠山歴史美術館 青山歴史村 

 

安間家史料館 

 

このページの先頭へ戻る