【補助金】店舗等おもてなしリフォーム補助事業

 町並みと調和した「おもてなしの町並み」をつくるため、ホスピタリティ表現(おもてなしの気持ちを可視化した表現)による、お店などの道路に面した側の外観リフォーム工事について、その一部を助成します。

 さらに、ベンチやしょうぎ、日除けのれんなどのおもてなしの装置購入についても一部を助成します。

 

制度の内容

丹波篠山市店舗等おもてなしリフォーム事業補助金交付要綱

 

対象

 篠山・福住・今田(立杭)地区などにおいて小売業、飲食業、窯業等観光客対象の事業活動を営み、(一社)まちの魅力づくり研究室によるデザイン※で改装を希望する店舗
 (風俗営業の適用を受ける店舗、市外に本店のある店舗、チェーン店、フランチャイズ店などは対象外です。)
 ※おもてなしの町並みづくりの第一人者、「(一社)まちの魅力づくり研究室(元東大 堀繁研究室)」による「おもてなしの店づくり」のデザイン化を希望した者の店舗。

補助対象者

 (1)市内で店舗等を自ら所有し、又は賃借し、事業を過去1年以上営み、かつ、おもてなしリフォーム完了後3年以上の事業継続が見込める者。
 (2)市税等を滞納していない者。

対象事業

 (1)外観リフォーム=町並みと調和した、また、おもてなしの町並みをつくるため、道路に面した側の外観リフォーム((一社)まちの魅力づくり研究室(元東大 堀研究室)による「おもてなしの店づくり」デザインを基にした工事)について対象とする。(店舗内工事、給排水工事、外観リフォームに直接関係のない屋根、外壁、電気工事は対象外)
 (2)おもてなしの装置購入=ベンチ、しょうぎ、墨書のちょうちん、植木鉢、日除けのれんなどの購入経費
 ※(1)(2)とも、施工業者及び購入業者(元請業者)は、市内に本社・本店を置く業者に限る。

助成金額

 (1)外観リフォーム=助成対象となる工事経費の2分の1以内で上限20万円
 (2)おもてなしの装置購入=助成対象となる装置購入経費の2分の1以内で上限5万円。

申込方法

 次の事項を記載して書面(A4タテ置き)でお申し込みください。
  1)店舗の住所、2)業種、3)店名、4)店舗の所有者名、5)申込者の住所、6)氏名、7)電話番号、8)申込時点までの営業年数、9)店舗の外観写真((1)全景写真と(2)通りから周囲2軒分程度撮影した写真の2枚)、10)デザイン化に際しての希望、11)工事等の着工希望時期
 ※7)電話番号は、日中に連絡のつく番号を記載してください。

応募期間

 令和元年6月1日(土曜日)から6月30日(日曜日)まで

申込・お問合先

 丹波篠山市農都創造部商工観光課
 〒669-2397 丹波篠山市北新町41 第2庁舎2階
 TEL:079-552-6907
  メールアドレス:kanko_div★city.sasayama.hyogo.jp(★マークを@マークに置き換えてください)

★地場産業振興 

 伝統産業 

丹波焼 丹波杜氏 丹波木綿 王地山焼
丹波焼 丹波杜氏 丹波木綿 王地山焼

 


  「ふるさと就労相談コーナー」(登録制)のおしらせ

★労働相談窓口の情報

・労働基準監督署関係 (篠山市内の管轄は伊丹労働基準監督署になります)
 伊丹総合労働相談コーナー (伊丹労働基準監督署内)
   電話072-772-6224 〒664-0881伊丹市昆陽1-1-6 伊丹労働総合庁舎3階伊丹労働基準監督署内
・その他の機関はこちら(兵庫労働局HP)のページをご覧ください。

★雇用機会均等関係情報
 男女雇用機会均等法のあらまし、セクシュアルハラスメント対策、ポジティブアクション、仕事と子育て・介護の両立に係る制度、育児・介護休業制度のについて等は、こちら(兵庫労働局HP)のページをご覧ください。

セーフティネット保証制度~中小企業信用保険法第2条第4項関係~

東日本震災復興緊急保証制度~東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律第128条第1項第1号または第2号関係~ 


 

このページの先頭へ戻る