篠山市長ブログ

篠山市立篠山小学校創立140周年(市長日記)

平成24年11月17日(土曜日)

 

 篠山小学校が、創立140周年を迎えられました。

  篠山小学校は明治6年魚屋町の誓願寺に「知新館」として開校されたのが始まりで、明治8年に篠山城二の丸に、明治43年に現校舎の所に移転され現在に至っています。

 篠山小学校は耐震補強を施した建て替えに近い修繕を行うため検討委員会を重ねています。地域の方々や篠山小の保護者の皆様は校舎を大切にしてこられ、市としても出来るだけこの思いに応えれるよう頑張っています。

 記念講演では元篠山小校長の大路靖さんが「校舎は皆さんにとっても国にとっても宝物です。」と子ども達にもわかりやすく、お城の中にある全国的にも貴重な小学校のお話をされました。

 午前中に学習発表会、午後には式典、講演会と長時間の中、子ども達は倒れそうになりながらもよく頑張って聞いていました。

 地域の方々に見守られてきた篠山小学校、在校生の皆さんやこれから小学校へ入ってくる子どもさんにも自慢の小学校であり続けてほしいと思いました。

 

DSC_0109.JPG

DSC_0231.JPG

このページの先頭へ戻る