篠山市長ブログ

篠山国際理解センター20周年(市長日記)

NPO法人「篠山国際理解センター」が、設立20周年を迎えられました。
市内には現在、約480人の外国人が住んでおられ、ブラジル、韓国、朝鮮、ベトナム、中国などから来ておられます。

国際理解センターは、在住外国人の支援を目的に日本語教室を開いたり、病院への同行通訳をしたり、生活相談を受けたり、きめ細やかな活動をしていただいています。
更に、外国文化(多文化)の理解、そして交流と幅広いものとなっており、先日、韓国のサンチョングンからの訪問団の通訳もしていただきました。
「世界の皆さん・・」という篠山市にはなくてはならない、大切な役割を担っていただいています。

職員や関係者の方の熱意、奉仕の心、使命感に支えられてきました。
心から感謝申し上げ、益々のご発展をお祈りします。

201511171403.png

▲2003 「国際理解教育を英語で」

201511171405.png

▲2009 教育フェスティバル

201511171408.png

▲日本語教室「うりぼう」 

201511171409.png

▲2010 人権フェスタinささやま 

このページの先頭へ戻る