篠山市長ブログ

第4回丹波ささやま人形劇フェスタ(市長日記)

 今年で第4回を迎える丹波ささやま人形劇フェスタですが、11月17日(金曜日)から19日(日曜日)までの3日間、市内各地のお寺や古民家を舞台に、人形劇団クラルテを中心に、プロアマ総勢27団体による公演が行われました。

 私は、17日(金曜日)の篠山市真南条の願勝寺で行われたオープニングに出席し、鼓篠組の演奏や「はさみ家 紙太郎」によるおしゃべり紙切り芸、そして「鼻の助太郎」という真南条の民話を題材とした人形劇団クラルテさんの公演を見ました。
 やはりクラルテによる公演は人形も本物そっくり、大人も引き込まれる素晴らしい公演でした。

 これは主人公の助太郎が鼻が利くふりをしていたら、殿様から「家宝の刀を探してくれ」と頼まれ、困る物語です。

 第4回ということもあり、認知度も高まって、リピーターのお客さんも増え、子供も大人も延べ2千人を超える方に見ていただきました。
 人形劇を通して、篠山市が明るく元気になってきました。

IMG_4517.JPG

IMG_4520.JPG

IMG_4525.JPG IMG_4536.JPG

IMG_4542.JPG

IMG_4582.JPG

 

このページの先頭へ戻る