篠山市長ブログ

産科のあり方検討会(市長日記)

 9月28日、産科のあり方検討会を開催しました。

このピンチをチャンスに、丹波篠山ならではの、お産や子育てしやすさを考えていこうと、多くの委員の皆さんが燃えています。

この日は、それぞれ委員がこれまでに考えたあり方を発表してもらいました。

・市立産科診療所

・市立母子健康センター・助産所

・オープンシステムを採用したバースセンター

・病院誘致、民間募集

・ささやま医療センターの継続要望

・お産タクシー、バースサポートカー、ママサポートタクシー

などの提案があり、それぞれよく考えて頂いています。

 

次回には、これらを実現するための人員、設備、そして費用などの検討をして、実現の壁をぶち破れるかを考えます。

あわせて、バースセンターなどの先進地を見に行こうということになりました。

 

一生懸命、検討を続けます。

市民、市をあげて何とか解決したく思いますので、よろしくお願いします。

このページの先頭へ戻る