篠山市長ブログ

ホテル「ルートイン」建設へ(市長日記)

 河原町通りの入り口に位置するJRバス所有地に計画されている、ホテル「ルートイン」について、先日、事前協議が終了し、正式に開発手続きに入ることを承認する回答を出しました。

8月10日のまちづくり審議会においては、「すばらしいものとなった。はやくできてほしい」「気安く泊まれるホテルは市民の希望」「地域の者は期待している」などの賛成多数で承認され、答申を出されました。

ただし、一部の委員(学識者)は、改善を評価しつつも、なお土地利用の例外を認めることに慎重で、反対の意見も出されました。そのため、他の専門家の意見もお聞きしましたが、「かなりの配慮で改善されており評価できる、許可できるレベルとなった、丹波篠山をしっかり見ていただけ観光客の誘致につながる、ここまで対応してくれる事業者は少ない」とのご意見でした。

そこで、市において、地域の期待も大きく、産業の発展に資する、美しい景観形成にもつながるもので、立地基準の特例を満たすものと判断しました。今後開発手続きなどが進められ、早ければ年明けに着工となる見通しです。

事業者「ルートイングループ」には、大幅な計画変更にご協力いただき感謝申し上げます。また、反対のご意見をいただいた「美しい風景を創る市民の会」の皆さんには、今後とも市内のいろいろな景観づくりにご協力よろしくお願いいたします。

反省点としては、市の景観室において良い景観となるよう、もっと早くから指導すべきであったと考えます。

s-hotel2-1.jpg

s-hotel2-2.jpg

このページの先頭へ戻る