篠山市長ブログ

多紀小学校開校に思うこと(市長日記)

4月3日、福住、村雲、大芋の三小学校が統合して、多紀小学校が開校しました。
大芋に住む私の同級生から手紙が来ました。大芋小学校がなくなったことへの複雑な気持ちとともに、「『家のことは心配するな、お前は自分の好きなことやりたいことをやれ』と若者を都会に送り出す風潮はいいかげんやめないといけない」とありました。
私はかつて、ある校長先生に「もっとふるさとを大切にする教育をしてほしい」と言ったことがありますが、その時その先生は「何を言うんですか、私たちは世界にはばたく教育をしているんです」と言われました。
かつては篠山市で一つの学年の人数が1000人を超えていましたが、この4月に小学校に入学する人数は329人なのです。

幸い、0歳~5歳の人口はここ5年間をみると、多紀地区では次のとおり増加の方向にあります。

 

【多紀地区全体】

年齢

22年度

23年度

24年度

25年度

26年度

27年度

0 16 17 20 14 21 14
1 16 16 18 23 15 25
2 14 15 19 22 23 15
3 13 15 16 20 24 24
4 18 12 15 20 22 26
5 14 17 13 15 19 22

0~5

91 92 101

114

124 126

 

これは定住促進重点地区として保育料を無料に近いものとしたり、住宅補助などの施策の表れと考えられます。
また、やはり社会全体が農村、田園回帰の方向にあります。
これからは、「よく勉強して都会に出る」のではありません。よく勉強して、その知識や技術を活かして篠山市に根ざし活躍するのです。医者でも、公務員でも、教育でも、ものづくりでも、農業でも、観光でも、福祉でも、建築でも、建設でも、篠山市で頑張ることが、世界に通じるのです。
多紀小学校が未来にわたって続くよう、みんなで取り組まなければなりません。

P4030191.JPG

P4030249.JPG

P4030306.JPG

▲木製のイスの製作 

P4030260.JPG

▲テニスの沢松さん記念講演

IMG_7501.JPG

▲多紀ライオンズからの校旗の寄贈
 

このページの先頭へ戻る