篠山市長ブログ

篠山春日能(市長日記)

第43回篠山春日能が9日に行われ、市内外から約600人の観客が幽玄の世界を堪能しました。

観世流や大蔵流の一流の演者により、能「杜若(かきつばた)」、狂言「昆布売(こぶうり)」、能「春日竜神(かすがりゅうじん)」が行われました。桜花が舞台上に舞い、竜神に扮したシテ方が舞いを繰り広げる中、時折、小鳥たちが舞台を横切る姿は現実なのか夢なのか、会場の観客が舞台と一体となり幽玄の世界に溶け込んでしまうようなすばらしい舞台でした。

昨年、篠山市は、ユネスコ創造都市ネットワークに加盟し日本遺産のまちとして認定を受けましたが、4万人強の人口のまちで、こうした素晴らしい国重要文化財の能舞台を今も使いながら芸能文化が大切に守り続けていることは大きな誇りです。

DSCF4426.jpgのサムネイル画像

DSCF4496.jpgのサムネイル画像

 

このページの先頭へ戻る