篠山市長ブログ

城東小が熊本の城東小へ(市長日記)

 城東小学校の児童、保護者、教職員でつくる被災者支援グループ「ひまわりサポーター」のメンバー26人が、この28日、29日に熊本市立城東小を訪問します。
 元PTA会長の西家幸男さんが、5月に熊本へボランティアに行き、このことを授業で話したところ、児童たちも自分たちの出来ることをしたいと、これまで夏まつりなどで募金活動をしてきました。
 募金で集めた約10万円を届けるほか、熊本の城東小学校の子供達と交流し、励ましのメッセージや、ヒマワリの種を一緒に植える計画です。

 今回の交流については、篠山市から100万円の助成をします。これは「伊達政宗」を名乗る市民の方から寄せられた、600万円などをもとに設けた支援基金を活用するものです。
 「伊達政宗」さんは、被災地を学び、将来に生かせる子ども達こそ被災地に行かせたい、飛行機なども利用させてあげたい、という気持ちからのもので、これが実ったものです。
 おかげでかけがえのない交流や体験ができると思います。

IMG_2928.JPG

IMG_2941.JPG

IMG_2959.JPG

このページの先頭へ戻る